ゆとり世代って言われたくない!

ゆとり世代について

※タイトル通り「ゆとり世代って呼ばれたくない!」って記事ですが、筆者の多大なる偏見と謎理論が展開されていますので、どうかご容赦くださいませ。

 

20代の皆さん、突然ですが「ゆとり世代」って言われるの嫌じゃないですか?

私は本当に嫌です。マイナスなイメージでしか伝わってこない、という点でも嫌ですし「ゆとり世代だからねぇ…」って言われると結構イラっとします。

※「ゆとり世代だからねぇ…」:私の場合、すみません…(苦笑)という塩梅で怒りをスルーします。

サラリーマン川柳2017


サラリーマン川柳公式サイトより

 

ゆとりでしょ
そう言うあなたは
バブルでしょ?

 

第一生命保険株式会社さんが毎年行っているサラリーマン川柳、今年の1位作品です。コメントにもあるように、時代はまわっているという普遍性とその世代の特徴を見事にとらえている川柳ですね。

この川柳を見たとき、私の脳内ではこんな妄想が浮かんできました。


(”取引先のバブルさん”とのアポをとったにも関わらず、当日簡単に遅刻した+平謝りな”ゆとり君”に対して…)

バブルさん「あ、君ゆとり世代でしょ。これだから、ゆとり世代は(呆れた表情)」

ゆとり君「そういうあなた様こそ、バブル世代ですよね(笑)さんざん馬鹿やった世代のお方ですよね?あっ、もしかしてあなたのように丸い体系の人が多い世代だから”バブル”って言うんですか?
(あとでこの出来事ツイートしよ♪あと、仕事やめよ♪)」


…お恥ずかしいことに「取引先のバブルさんと100倍返しのゆとり君」というタイトルのゆるゆる短編アニメが一気に浮かんできました(笑)

とにかく、私にとっても刺さる一句でした。

ゆとりですがなにか?

 

なぜ私が冒頭からプンスカしているかというと、いろんな考え方があるのだから、バブルさん…ゆとりで済まさないで!人間だもの。と思うからです。何故バブルさんたちは声をそろえて”ゆとり”と括るのか、が疑問です。

 

「仕事すぐ辞めるたらゆとり」「逆ギレしたらゆとり」「飲みにいかなきゃゆとり」…私は入社してから仕事は辞めていませんし、上司に逆ギレなんかした事ありません。ましてや飲みには積極的に参加している方です。ですが私もゆとり君だからでしょうか…バブルさんたちの前で頭上に「?」を作っている時があります。(すぐ質問するけど)

 

バブルさんたちは、新入社員からの「風邪ひいちゃって…」という連絡を「もう、この会社は嫌いです。辞めたい1歩手前です。」のサインだと気づいていません(筆者の経験上)。なぜそのような状態になってしまったのか?をバブルさんたちは全然考えていない気がします(筆者の経験上)。しまいにはお局バブルさんあたりが「残念だねぇ~」とか「ゆとり君、やりたいことがあるんだって~」とか口にしてしまうのです(筆者の経験上)。少し不思議です。

 

 

辞めた理由。自分たちの影響は0%だと言い切れますか?

 

 

ゆとり君たちは入社して、その凝り固まった社風にどん引いています。「ウチの会社はこう言うルールだから!」という謎ルールに困惑しています。

バブル上司がよく言う「わからなかったら積極的に上司に質問するべき!」という考え方も、さしづめ昔は皆そうだったから理論を押し付けているだけで(偏見の可能性大)、すごい温度差があると思います。一方ゆとり君がわからないことを質問するとバブルさんは「それくらい自分で考えろ」と言い放ちます。

ゆとり君「…?」です!

 

 

ゆとり君の「?」を解消して欲しい

 

なぜそう言うルールなのか。考え方なのか。ゆとり君は「?」になる時があります。私もです。私は「?」になると「バカなので教えてくださ~い!」とバカみたいに言います(笑) けれど、できない人もいます。「?」をそのままにしておくとブラックだの社畜だの言われるのだと思います。いかに「?」を解消してあげれられるかが、本当の意味での”就職”につながると思います…

 

 

 

何をお伝えしたいか、わからなくなってきたぞ!笑

「ゆとり世代を1くくりにしないでぇ~バブル世代のみなさ~ん!人間としてみてぇ~!」というフワッとしたテーマで記事書き始めたからなのか…「ゆとり世代を離職させない3つの方法」のような締めくくりになってしまった始末(ヤバい…でも書くしかないっ!)

 

私は、ゆとり評論家でもなければ人事部研修の人でもありません。

 

とにかく!!!!!

ゆとりもバブルも手を取り合って、会社を盛り上げていきましょう!頑張れ日本!負けるな日本!

 

「?」

 

こーゆー時があってもいいよね。

人間だもの。

 

ゆとりの美学。 力を抜くこと、サボることを恐れない [ 前田健太 ]

価格:1,404円
(2017/6/17 21:57時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。