【感想】指原の本「逆転力」を読んだら逆境に強くなったすごい。

 

どうもです。じゃんごブログ編集長です。

 

先日、HKT48指原莉乃さんの本、

逆転力 ~ピンチを待て~ 」を読みました!

 

 

逆転力~ピンチを待て~
指原莉乃(HKT48)


今やテレビで見かけない日はない!

というくらい人気ぶりの指原莉乃さん。

 

本が発売されたのが2014年。

逆転力読もう読もうと思っていたら、2018年になってました(笑)

 

さっそく感想書いていきたいと思います!

 

意外と知らないアイドルの素顔

2ちゃんねるを見てます。今も。

私の人格形成に大きな影響を及ぼしています。

指原莉乃が見つけた「2ちゃんねる」という世界。

友人もあまりいなかった学生時代、

ネットに身を寄せていた彼女。

 

よく、「2ちゃんねるを見ると心が荒む」と言いますが、指原さんはむしろ、それを楽しんでいたようです。

理由は

学校だけが世界じゃない

から。

 

まさしく、逃げるは恥だが役に立つを実証しているアイドルと言えます。

”自分が夢中になれる場所”を見つけることの重要さを読み解くことができました。

 

アンチを力に変える

そもそも悪口を言うのは、

気になっているから言うんじゃないでしょうか。

前向きすぎですかね?

売れっ子アイドルにつきものなのが、アンチの存在。

アイドルの世界でなくとも、アンチっていますよね。私のアンチもいるだろう!!

 

そんなアンチにも負けない「逆転力」とは、

ラッキーと思う事。

 

自分に興味があるから、知っているからアンチが動く。

だからこそ、利用しない手はない!という考え方。

 

実際、「アンチと指原」という敵対の構図をみずから引き立て、グループを盛り上げる事に成功しました。

 

アイドルでなくとも、他の仕事でも通用する「逆転力」のヒントになります。

 

切り替えと思い込みで逆転できる

戦わなければ、負けない。

指原さんが生きていく上で重要としていることは

「戦わない」

という事。

 

あらゆることで負けることは辛いし、ストレスになる。

彼女は「戦わずして勝つ方法」を独自に編み出す天才だと思います。

 

その本質は「逆転力」に凝縮されていますが、

”切り替え”と”思い込み”ってすごいですよ。

 

興味のある方は是非読んでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。