【秋田県】県北・県央・県南エリア区分できるかな?

どうもです。じゃんごブログ編集長です。

 

突然ですが(最近これよくやりがち)、

秋田県の市町村、全部言えますか?

私は言えます(たぶん…)。

ポケモン言えるかな?の要領で大文字を飾ってしまいましたが、現在秋田県は【市:13、町:9、村:3】で構成されています。そして人口は100万人を切りました。市町村すべて合わせると25あるのですが、私の記憶力というか自頭があれなので、それらのエリア分けがうろ覚えになってしまいがちなんです。

県南は自分の住んでるとこだから…。県北は北でしょ?あれ…?

にかほ市って県央だっけ?

のようなことが良くあります。「県央」と言えば、中心部だと誰もが感じると思いますが、実は秋田は下(南)に位置していても、「県央」と区分されます。

秋田県の市町村

文字だけでエリア分け

先ほど説明した通り、秋田県は【市:13、町:9、村:3】計25市町村の集合体です。とりあえず文字だけで、エリア分けしていきますね。

<県北エリア>

  • 八峰町
  • 藤里町
  • 能代市
  • 三種町
  • 大館市
  • 北秋田市
  • 上小阿仁村
  • 小坂町
  • 鹿角市

 

<県央エリア>

  • 大潟村
  • 八郎潟町
  • 井川町
  • 男鹿市
  • 潟上市
  • 五城目町
  • 秋田市
  • 由利本荘市
  • にかほ市

 

<県南エリア>

  • 仙北市
  • 大仙市
  • 美郷町
  • 横手市
  • 湯沢市
  • 羽後町
  • 東成瀬村

文字だけのエリア分けをみると、「ハイハイ、余裕。これ秋田の常識でしょ?」と一見思えますが、いざ地図を目の前にしたとき、エリア分けは少し難しくなります。

地図上でのエリア分け

25市町村ある秋田県。次は地図でエリア区分を見ていきましょう。

ここから3つのエリア(県北・県央・県南)に色を塗っていきます。

 

エリア分けした地図

これが、エリア分けした地図です。見てどうですか?

 

少し変じゃないですか!?


:県北 黄色:県央 :県南

言葉の認識は人それぞれですが、「丸」を「三角」と言う人はいませんよね?(笑)

「丸」は「丸」

「三角」は「三角」

です。

したがって、「県北」と言ったら「県の北」、「県央」は「県の中央」……

「県央」は「県の中央」!?

先ほどのエリア分けした地図をもう一度ご覧いただきたい。

特に由利本荘市にかほ市

完全なる南側!!

地図を見ると一目瞭然ですが、由利本荘市とにかほ市は完全に南に位置する市。

なのにエリア分けされると県央….。誰がどう見たって左下にあるのに「秋田県の中央です!」っていう事なの!?

秋田市が県央なのはナットクできますが、秋田市以南の由利本荘市とにかほ市は「県南じゃね?」と思ってしまいます。そうです!秋田県は、県央と県南の区別がつきにくいんです。



秋田のエリアについて


秋田県は県北・県央・県南同士、すごく仲が悪いという噂はあまり聞いたことがありません。むしろ、3つのエリアそれぞれ魅力があって、すごく遠くて(笑)、リスペクトしあう仲だと思います。ですが、少なくともエリア内での「好き嫌い」はあります…。すごく秋田ローカルでよく聞く話ですよね?「○○の地域と○○の地域は仲悪い」って(笑)

タイトルと話がすこしズレましたが、今回は「秋田県、由利本荘市とにかほ市は南に位置するのに県央説」を皆様にお知らせしたく、書かせて頂きました。

あれ?秋田県を県北・県央・県南に分ける時、どう分けたらいいんだっけ?という事が起こらないように、今一度まとめてみました。抑えておくべきポイントは1つ。

由利本荘市とにかほ市は県央!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。