【2018年版】秋田県の市町村別人口ランキング

どうもです。じゃんごブログ編集長です。

 

人口100万人をきってしまった秋田県。

人口はこれからも減少傾向にあり、このブログではあと83年で人口がゼロになる…という記事も書きました。

あと83年で秋田県消滅する説

2017.08.08

秋田県人口の記事を書いているとこのような疑問が浮かんできました。

 

秋田県の市町村別人口ってどうなっているんだろう…?

 

と、いう事で!

今回は2018年版・秋田県の市町村別人口ランキングをご紹介していきたいと思います!

 

2018年版
秋田県市町村別人口ランキング


秋田県の市町村別人口は美の国あきたネットで確認することができます。エクセルのファイルとPDFファイルがダウンロードできますが、ランキング形式では入力されていません。なのでエクセルをちょこっといじり、ランキングをだしました!(エクセル最強!)

早速、2018年版・秋田県市町村別人口ランキングを発表していきます。ちなみにデータは平成30年1月1日発表のもので、秋田県の総人口は992,462人です。

 

1位:秋田市 310,634

堂々1位の秋田市。秋田県の県庁所在地です。人口はおよそ30万人。最近の秋田市といえばファンションビル・OPAのオープン県のPR拠点としてますます特化してきている印象です。

秋田県で初店舗でもある「コメダ珈琲」も2月28日にオープン予定。盛り上がってます秋田市!

10月28日開業!秋田オーパのテナント一覧

2017.10.05

【秋田初】秋田市パブリ内でコメダ珈琲がオープン予定!

2017.11.28

2位:横手市 89,141

2番目に秋田県内で人口が多いのは横手市。かまくらの聖地で有名です。

横手市といったら、横手やきそば。そして去年はタレントの出川さんが番組のロケで来たりもしています。

2017年最強の横手やきそばが食べられる”やきそば四天王”のお店

2017.09.05

出川さんが秋田に来てた!

2017.10.30

3位:大仙市 80,172

内閣総理大臣賞がもらえる花火大会・大曲の花火の街として有名な大仙市。

人口はおよそ8万人。2018年8月上旬オープン予定である「花火資料館(仮称)」も楽しみです。

今年はコレに気を付けろ!大曲の花火あるある

2017.08.24

大曲の花火ウィーク!青谷明日香ライブに行ってきた

2017.08.26



4位以降はだーっと書いていきます!

 

4位:由利本荘市 77,502

5位:大館市 71,960

6位:能代市 52,666

7位:湯沢市 44,687

8位:潟上市 32,517

9位:北秋田市 31,787

10位:鹿角市 30,768

11位:男鹿市 26,988

12位:仙北市 26,305

13位:にかほ市 24,362

14位:美郷町 19,533

15位:三種町 16,294

16位:羽後町 14,599

17位:五城目町 8,961

18位:八峰町 6,955

19位:八郎潟町 5,868

20位:小坂町 5,055

21位:井川町 4,782

22位:藤里町 3,175

23位:大潟村 3,070

24位:東成瀬村 2,547

25位:上小阿仁村 2,214

 

以上、秋田の25市町村別人口ランキングです。

あなたの地元は何位ですか?

 

秋田県で人口が一番低いのは、上小阿仁村で2214人。知人が多そうです!

毎月人口が減少している秋田県。いつか「村」もいつかなくなっちゃうの!?…って考えるとすこし悲しいですし、どうにかしなきゃ!って気持ちが湧きあがってきます。

とりあえず、2018年の秋田県市町村別人口が一旦わかったところで、この記事を終了させたいと思います。意外と市町村別人口ってどれくらいか把握していなかったので、筆者も勉強になりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。