【由利本荘市】清吉そばや本店で食べる「昔ながらの中華そば」が心にしみる。蕎麦屋さんのカレーうどんも食べてきた!

秋田県由利本荘市にある、清吉そばや(せいきちそばや)本店に行ってきました。

このお店、調べるところによると明治時代に「加藤そばや」という名前で創業し、現在は「清吉そば」と名前を変えて受け継がれているお店のようでした。

「そばや」と表記されているように、清吉そばやは”お蕎麦屋さん”なのですが…グルメレビューサイトを見ると、中華そばの写真が多く投稿されているのが分かります。

グーグルマップの写真投稿画面。「最新」のほとんどが中華そばの写真

このように清吉そばやの中華そばは、地元民をはじめ多くの方に愛されているようです。

じゃんご
朝からラーメン(中華そば)を食べる、朝ラーもできるみたい!

清吉そばやは、朝からラーメンを食べることもできます!聞くところによると、由利本荘市エリアでは朝ラー文化が根付いているみたい。朝からラーメンを食べるって、胃袋が重たくなる印象を受けますが、清吉そばやの中華そばはあっさりしているので、さらりと完食できちゃうのかもしれません。今度やってみたい。

筆者は何度か清吉そばやの中華そばを食べていますが、それはそれはあっさりしていて、心にしみる味がします。「昔ながらの~」という言葉がぴったりの中華そばでした。写真が無いのが残念ですが…(由利本荘市に行くとかなりの頻度で立ち寄ってしまうため写真が無い)。

特徴はトッピングされている「しね肉」。「しね」とは、秋田弁で噛み切れないという意味です。清吉そばやや由利本荘市のラーメン屋さんでは、「しね肉」が食べられるラーメン屋さんが結構あるんです。このしね肉が食べ応えがあって、由利本荘市に来た!って感じがするんですよね。

ちなみに秋田弁の「しね」については、YouTubeで解説したことがあります。

じゃんご
カレーうどんも食べました!

清吉そばやの「カレーうどん」。もちろんお蕎麦屋さんなので、「カレーそば」も存在します

これが、清吉そばやのカレーうどんです。スープにはとろみがついていて、お蕎麦の出汁がほんのり香る絶品でした!麺は太く食べ応えがあり、刺激が欲しくなる夏・寒い冬にぴったりのメニューだと思います。

麺がスープとよく絡んで最後までおいしくいただけます

じゃんご
清吉そばや人気は値段にも!

清吉そばや本店のメニューはとても安いです。来店した2022年5月時点で、中華そばは600円です。ほかのラーメン屋さんと比較するとリーズナブルな価格設定なのでは。

平日のランチや営業マンのかけこみ昼食エリアとして、ぴったりだと思います。店内はテーブル席、座敷席があって広いです。土日に来店すると、家族やグループでの利用が多き気がします(子連れの方も多かったです)。

秋田県由利本荘市で、安くておいしいお蕎麦屋さんを探している方はぜひ訪問してはいかがでしょうか。お蕎麦屋さんのカレーうどんも、かなり貴重だと思います!

店名 清吉そばや 本店
住所 秋田県由利本荘市本荘105
ジャンル 中華そば・お蕎麦
営業時間 グーグルマップ(参照)

じゃんごブログに記事掲載してみませんか?

サービス内容・特長

じゃんご
一般の方からの情報提供はこちらから!

  1. 新店オープン記事:掲載無料
  2. レポ記事:執筆料無料
  3. イベントPR・現地取材
  4. 県内最大級の情報Webメディア(月間最高閲覧数53万回)
  5. 県・市町村・教育機関との連携実績あり
  6. Googleニュース欄に掲載される場合あり
  7. ローコストな記事作成
  8. 適格請求書発行事業者番号(インボイス)の登録が完了済み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

じゃんご

会社辞めたフリーランス。秋田県の情報や趣味・生活に役立つコンテンツを発信中。ライター『秋田県広報広聴課公式note・あきたびじょんBreak』『Yahoo!JAPANクリエイターズプログラム』『WE LOVE AKITAマガジン』|横手かまくらFM『おかもとじゃんごのカマドキャス』毎週レギュラー※記事にAD・監修を含む場合あり