凶暴なの?キュートなの?阿仁のくまくま園に行ってきた<前編>

どうもです。じゃんごブログ編集長です。

 

先日、

くまくま園

に行ってきました!

くまくま園とは?
1990年に阿仁熊牧場として開園し、2014年にくまくま園としてリニューアルオープン。
園内にはツキノワグマを観察できる熊山や、ガラス越しにヒグマを観察できるひぐま舎があります。

 

”阿仁へ遊びに行く”ってなかなか無いなぁ。と思ってたので、今回は秋田県阿仁の、くまくま園へ行ってみました。

 

恥ずかしながら筆者は秋田県民のくせに、今までくまくま園へ行ったことはありません。

なので今回は”初”くまくま園。

くまくま園デビューです(笑)

 

写真もたくさん撮ってきました!早速レポートしていきます!

 

 

遠かったくまくま園


魁新報【電子版】を見ていると「今年もくまくま園がオープンしました」という見出しが。それからずっと、くまくま園に行きたい!と思っていたのですが、やっと都合がつき念願のくまくま園到着

くまくま園到着…。とあっさり言うものの、道中は山道。さらに筆者は秋田県南住みなので、くまくま園は県外並みに遠く感じました。

 


▲秋田県民でも阿仁は”秘境”。なかなか行く機会がない。

 


▲木彫りの招き猫がお出迎え。阿仁はそこらじゅうにに木彫りのオブジェがたくさんある。

 


▲全体地図。筆者は45分くらいで一周しました。

 

 

凶暴なの?キュートなの?どっちがクマなの!?


くまくま園は、動物園のようなつくりになっていて、餌やりも可能。あらゆる場所にコース標識が設置されており、ぐるっと一周すると全て見終わる仕組み。

 

心を通わせたエゾヒグマ

!?!?!?!?!?

 

でかい!!!!!

「ちっちゃいクマがテクテクあるいてるのかなぁ?可愛い写真とれそう!」と、くまくま園に対する可愛い期待値をMAXにしていた筆者はド肝を抜かれました。このクマ(エゾヒグマ)はデカすぎて迫力満点。

丁度、飼育員さんが水を浴びせているところでした。

 

「お前、なにしにきたのだ?ギロッ」
筆者の心に話しかけてられているよう。いや…確実にそう言っていました。きっとそう言ってた!

 

「エゾヒグマ様の勇ましい姿を写真におさめる為、入園させていただきました!ビシッ」

 

「よかろう。」

 

…しょっぱなから”ジブリ並みの神秘体験”を楽しむ筆者(笑)

 


▲爪がすごい。

 


▲注意書き。

一番初めに見たエゾヒクマのインパクト大。

檻が壊れて襲ってこないかビクビクしながら、次のエリアに向かいます。※襲われないような構造をしているので安心です

 

 

なんて可愛いメスのくまさん

マップで言う、「中クマエリア」

メスのクマさんエリアです。

ここで筆者は、超絶癒し体験をすることになるのです…。

 

 

 

え?

 

 

え?

可愛い!!!!

 

なんて可愛いんだ!さっきのジブリチックなデカいクマと違って、愛くるしい!

もうこのクマさんたちを見れただけでも大満足。

阿仁に来た甲斐があります。

 

このゾーンは可愛さ満天で、ずっと見ていられます。「あのクマとあのクマは仲いいんだ」と動物園感覚で楽しめました。

あぁカワイイ♡笑

 

 

大クマは可愛いのか?

次は「大クマエリア」

大クマはオスのエリアです。

 

 

まさかオスまでも可愛いはずは無いよな….

!?

 

 

!!!!!?????

 

 

!!!!!!??????

 

なんだよ可愛いじゃん!!

みれば見る程、アホ可愛いクマがいるし、ずっと座って動かないクマもいます(笑)

オスはメスと比べてひとまわり大きく、体長は人と同じくらいか、それ以上。

 

 

<前編>まとめ


【クマ=凶暴】なイメージってありますよね?

実際、秋田では農産物の被害や人的被害も多く、クマは危険な存在です。

 

ですが阿仁のマタギたちはクマに感謝し、狩りを行いました。

マタギの【クマと人間は平等】という考え方です。

 

クマの生態や違った一面を見ることができる「くまくま園」は、マタギたちの魂を注ぎ込んだものだと、今になって感じています。

 

可愛いクマ最高!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。