結局熊に襲われる秋田県民。クマの被害が多すぎる

どうもです。じゃんごブログ編集長です。

先日また、秋田でクマに襲われたニュースがありました。

2019年9日午前10時10分ごろ、秋田県大仙市協和船岡の山林で、山菜採りをしていた秋田市の男性がクマに襲われ、顔の骨を折るなどの重傷を負った。

秋田魁新報【電子版より】

 

全国的に熊出没が多い秋田県

 

近年、秋田県をはじめとし、全国各地で熊の目撃情報や被害報告が相次いでおります。

クマ大量出没の理由は様々ですが、特に多いのが季節の変わり目である(熊の行動が活発になる)「春」はとても危険です。山菜を採りに行って被害にあう方、畑の野菜や果物にクマが出没し被害にある方、たくさんいます。

近年では、熊の動きが活発になる「春」以外でも、1年を通して出没・目撃する機会が増えています。熊が目撃されている地域に住んでいる方や、里山などに近づく機会のある方は、警戒を怠らないようにしてください!

それでも熊のいる山へ入山する理由

入山禁止の表示があるにも関わらず、なぜ入山してしまうのでしょうか?それには理由があるからです。

ズバリ、山菜目的です。

山菜と言えば、秋田のようなエリアでは一般的に流通していますが、都会や海外では高級食材として扱われています。そんな山菜を食べたり・売ったりする目的で、どうしても入山してしまう方が後を絶たないようです。

あなたや家族、知り合いで毎年山菜を求めて入山している方はいませんか?もし、心当たりがあったら注意喚起をするよう心掛けたいところです。

 

熊の被害は「顔面骨折」や「死亡」

とにかく、熊目撃情報や被害が多すぎるので入山は自粛したいところ。…とはいうものの、毎年山菜を採りに行っている方にとっては経験・知識があるからやめないのでしょう。

「熊にあっても大丈夫」「背を向けず逃げれば問題ない」…それは過信です。人間、自分より強い動物に対し、ひるまず、対策をとれるのはごく一部。お年寄りなんてもってのほかです。

熊に襲われたニュースを見てみると

  • 顔面骨折
  • 腕に噛みつかれる重傷
  • 死亡

といった被害にあわれています。

自分自身や大切な人の命を守れるのはあなたです。より積極的な注意喚起をするようにしてください!

 

熊と出会わない・遭遇しない方法

筆者は熊対策として以下のような、楽観的な考え方をしていました。筆者のような考えをしていた方は要注意です!

  • 鈍器で顔殴れば一発で勝てる
  • まっすぐ向かってくるから思い切り蹴る
  • 熊対策のサイトをみて知識をつければ大丈夫

…以上の考え方は非常に危険。一番熊の被害にあわない方法は「入山しない」「里山に近づかない」です。

もし、山で熊と出会ってしまったら、以下の方法が有効だと言われています。しかし、どの熊にもあてはまるわけではありません。知識として…です。

熊対策
  • にらみつけて視線をはずさないこと。ひるんだら襲われるリスクが高まる。
  • 木に登る
  • 刃物、鈴、笛、爆竹、クマ避けスプレーなどクマ対策グッズを携行する
  • 出没地点での朝夕の行動は控える。

※熊対策サイトに記載されていた内容をまとめたものです。

まとめ

秋田県ではクマによる被害や目撃情報が相次いでいます。

熊が出没しやすいこの季節、山菜を撮りたくても、なるべく入山しないようにしたいです。また、周りで入山しようとしている方に、注意喚起を怠らないようにしましょう。

このブログも、注意喚起で書かせていただきました。本当に大切なのは、自分の命です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です