「いぶり学校中等部」で秋田あるあるが楽しめる!

どうもです。秋田ブロガーのじゃんごブログ編集長です。

みなさま、「いぶり学校中等部」という番組をご存知でしょうか。実はこの番組、秋田県のあるあるが楽しめるんです!

この記事では、秋田あるあるが楽しめる「いぶり学校中等部」の説明や番組を見る方法をまとめています。秋田の魅力を知りたい方は、要チェックです!

秋田民しか伝わらない!「いぶり学校中等部」とは?

「いぶり学校中等部」とは、秋田県のあるあるを取り入れたショートアニメ。2017年3月13日~31日の、平日24時45分~50分にAAB(秋田朝日放送)で放送されていました。

深夜放送なので、見逃してしまった方も多いのでは?

実際に「いぶり学校中等部」を見てみると、じゃんごブログでも触れていた「金萬」や「たけや製パン」も紹介されたりと、なかなかディープな内容でした。

現在では全14話、TV版・Web版どちらもYouTubeにて配信されています。

いぶり学校中等部とは

秋田県のとある町にある「いぶり学校」…。そこに通う生萩さとし(ナマハゲ)と、大親友の犬塚はち郎(秋田犬)は典型的な純朴秋田少年。そんな2人の唯一の楽しみは、“秋田あるある”話。
時に帰り道で、時に学校の購買部で、時に校長室で他愛のないあるあるを話す2人の放課後ライフを描く、“ゆるアニメ”。ちょっとブラックなひねくれ話をする生萩くんと、純粋なまでに秋田に誇りを持つ犬塚くんの会話が、秋田県民には「クスッ」と、他県の人間には「秋田ってそうなの?」と感じられる秋田あるあるショートアニメです。

 

キャラクターボイスは「ねじ」


いぶり学校中等部オフィシャルサイトより

いぶり学校中等部のキャラクターボイスは、秋田県出身のお笑いコンビ「ねじ」が担当しています。生萩さとしは佐々木ユーキさん、犬塚はち郎はせじもさんが担当しています。

「ねじ」といえば秋田県立金足農業高等学校出身の同級生お笑いコンビ。「アニメの名作を全て秋田弁バージョンにするネタ」が代表的です。筆者はアルプスの少女ハイジの秋田弁バージョンが大好き。「クララのひじゃかぶがじゃめがねぐなってらどー!」(笑)

ねじさんはいぶり学校中等部をはじめ、秋田のイベントやライブに精力的に活動中です。いぶり学校中等部のやりとりでもあった「秋田のスター(柳葉敏郎・佐々木希・生駒ちゃん等…)」に勝るとも劣らないねじさん、これからも注目していきたいです!

 


生萩さとし CV佐々木ユーキ 完全にナマハゲ(笑)

 


犬塚はち郎 CVせじも ヘルメットがツボです。

3rdシーズンまで配信中・特別編も!

いぶり学校中等部オフィシャルサイトより

いぶり学校中等部は、2017年秋から新学期(2ndシーズン)としてスタートし、2020年現在は3rdシーズンまで配信されています。

また、48話~52話は「特別編」とされており、どれもクスっと笑える”秋田あるある”が詰まっています。

1話が数分という構成で、大人でも楽しめる動画になっています。秋田出身芸人コンビ・ねじさんがCVを務める”秋田弁アニメーション”、必見です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です