1番怖い秋田弁「んが」

どうもです。じゃんごブログ編集長です。今回は一番おっかね(怖い)秋田弁を紹介します。

 

 

「んが」です。

 

 

秋田弁「んが」


「んが」ってなに?と思ったあなた、説明していきますね。

「んが」とは
秋田弁で「あなた」という意味。「んが」は良い意味でつかわず「オマエ」や「テメー」に近い秋田弁です。激怒しているときや喧嘩越しになった時よくつかわれます。主に秋田県南で使われてる印象。

使い方としては、
「んがさなあどいうごどね」(お前にはもう言うことはない)
「んがなあどしらね」(お前なんかもう知らない)
「んがよー!ばしこぐなよ!」(お前嘘つくなよ)
などがある。

 

 

恐怖感MAX

 

学校や部活の先生、夫婦喧嘩、先輩から怒られた時などに放たれる恐怖の言葉…

 

「んがよぉぉぉぉー!(怒)」

 

筆者は父から怒られると決まって「んがよぉー!」から始まり、鼻息荒々しく説教が始まっていました。これまた秋田弁独特のイントネーションも混じり、先人たちが放つ「んが」は恐怖感MAX。

力強さがありますよね(笑)県外の友人も秋田弁で激怒されたことがあるようで、「秋田の怒り方はマジで怖い」と言っていました(笑)



「んが」恐怖症な筆者


「んが」に対して筆者は恐怖感が凄くあって言葉の暴力的な印象があります。【私は全く悪くなく、すべてお前が悪いんです感】が強い。秋田の人だったらわかると思いますが「んが」って言われると気分悪くなりますよね?

秋田県に関わらず【方言を使う人が少なくなっている】というニュースを見たことがあります。けれど「んが」って言われたくないし、言いたくない。秋田弁の天然記念物として【保存】して欲しいところです。

 

 

まとめ

秋田県民同士が話していると”早口で喧嘩口調”なんていわれることもあるようです。また”上から目線”な感じもします(秋田県民ですが感じてしまいます)。そう考えると喧嘩口調で上から「んが」を言われるのはやっぱり恐怖。

このような事を記事にしていると、先人たちから「別に喧嘩してるわけでもないし、上から物を言ってないし、んがさ言われたくねー!」と言われそうな気がして、筆者は”はかはかじく”なっています。

 

はかはかじく:秋田弁でハラハラする、という意味。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。