【革命】秋田県eスポーツ協会のクラウドファンディングがアツい!!

どうもです。
秋田ブロガー・ライター・YouTuberの
じゃんごブログ編集長です。

現在、秋田県eスポーツ協会は、茨城国体の予選会・本戦へ向けて選手登録を開始しています。

秋田県のeスポーツ協会は、設立してからまだ日が浅く(2019年2月27日設立)、県内プレイヤー把握が把握できていないのが現状です。

設立まもない状況ですが、非常に期待できる活動をひとつずつこなしているのが印象的。

今回ご紹介する「クラウドファンディング」は、秋田県におけるeスポーツの将来が非常に期待できる内容となっているのではないでしょうか。

 

【革命】秋田県eスポーツ協会のクラウドファンディングがアツい!!


秋田県eスポーツ協会とは?

そもそもeスポーツとは、「エレクトロニック・スポーツ」の略称で、コンピュータゲームをスポーツ・競技として捉える際の呼び方です。

世界的にも有名なeスポーツですが、海外では賞金が10億円以上という大会も存在しています。

今年、2019年に行われる茨城国体では、競技・種目のひとつとしてeスポーツが採用されています。「eスポーツの国体がある」ということは、秋田県代表も存在することになります。

秋田県eスポーツ協会は、

  • 秋田代表(プレイヤー)を国体へ送り出す窓口
  • 練習場所などの確保
  • eスポーツに触れ合う機会づくり

など、秋田県のeスポーツプレイヤーの「受け皿」として機能していきます。

 

クラウドファンディングの内容

秋田県eスポーツ協会は、eスポーツの土壌づくりや発展のため、現在クラウドファンディングを実施しています。

このクラウドファンディング、秋田県のゲーマーにとっては物凄くアツい内容となっていると思います!

クラウドファンディングとは?

不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、「群衆」と「資金調達」を組み合わせた造語。

秋田県eスポーツのトレーニングセンターをつくりたい!

秋田県eスポーツ協会は、地域に「eスポーツ文化」を根付かせる場として、トレーニングセンターの建設を予定しています。

現在、秋田県にはeスポーツの振興拠点や、触れ合う施設が存在していません。

野球でもバスケでも、身近に切磋琢磨できる仲間やライバルがいなければ技術の向上は見込めません。

eスポーツだって同じ。

今はネット対戦ができる時代だけれど、やはり目に見える仲間やライバルが必要で、ある程度の共有要素(決まり事・チーム内連携など)がなければ大会は勝ち上がれません。

茨城国体をはじめ、これからも活発になるであろう日本eスポーツシーンで秋田の人材が活躍できるようにと始動したプロジェクトが、このクラウドファンディングなのです。

 

目標は600万円

秋田県eスポーツ協会のクラウドファンディングは、「FAN AKITA(ファンあきた)」というサイトで実施されています。

目標金額は600万円

集まった資金は高スペックのPCや機材、大型スクリーンなどに使う予定。また、現役プロ選手を招いての勉強会やイベント等も開催できる施設となる予定です。

この記事を書いている現在、筆者はこのトレーニングセンターの外観・内観など一切知りませんが、「こんな施設ができたら…」というワクワク妄想がとまりません!取材もしに行きたいです!

しかも、完成予定は2019年7月後半

これは高まります!!

<クラウドファンディングで建設予定のトレーニングセンター概要>

  1. 世界の大会でも通用するチームでの対戦ができる、4vs4計8台のハイスペックPCと周辺機器、および大型スクリーンと音響設備
  2. 地域の方々が、気楽に「eスポーツ」を楽しんでいただけるような、ゲーム専用機器とモニターが数セット
  3. 現役プロ選手や、勉強会、イベント等を行うための備品(主にパイプ椅子50脚)
  4. 「eスポーツ」会場にふさわしい内装

 

 

【資金使途】

  • 高スペックゲーミングPC購入(8台)
  • ゲーミングキーボード購入(8台)
  • ゲーミングマウス購入(8個)
  • ゲーミングチェア(8脚)
  • ヘッドホン(8個)
  • プロジェクター(1台)
  • 大型スクリーン(1セット)
  • 音響設備(1セット)

 

【トレーニングセンター完成予定日】

7月後半

 

※このプロジェクトは2019年7月1日 (月)までに、6,000,000円以上集まった場合に成立となります。




2019年秋に秋田独自のeスポーツ大会予定!

クラウドファンディングを実施している秋田県eスポーツ協会は、5月~7月にかけて啓蒙イベントの開催や、中高生向けのイベントを企画しています。

また、2019年秋(10月)には秋田県独自のeスポーツ大会を予定しています。

その大会では

  1. 大人でも楽しめるなつかしい種目の大会
  2. 子供でも楽しめるスポーツ種目の大会
  3. 世界の主流であるFPS種目

の3つの分野からなる大会を考えているようです。

 

今後の動きにも注目!

eスポーツのトレーニングセンター建設を目的としたクラウドファンディング。これからの秋田県eスポーツシーンを左右するプロジェクトだと思います。

今回ご紹介した秋田県eスポーツ協会のクラウドファンディングの詳細は、「FAN AKITA(ファンあきた)」というサイトで確認できます。

支援した方には魅力的なオリジナル特典もあります。

興味のある方は、ぜひ参加してみてください!!

 

そして…

 

じゃんご、
参加させていただきました。

 

 

今後も秋田県eスポーツの動きに
注目していきましょう!

 

【秋田予選まとめ】2019年茨城国体でeスポーツ大会(ゲーム大会)開催!秋田県代表は誰になるのか!?

2019.01.05

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。