あと83年で秋田県消滅する説

どうもです。じゃんごブログ編集長です。

 

今や高齢化・少子化という言葉も古くなり、過疎・限界集落の呼び声が高い秋田県(自殺率も高い)。感覚的に「やばいなぁ」とは思うのですが、いざその現実をつきつけられた事でどうすることもできません。それが秋田県民のリアルではないでしょうか?なんだか他人事の気もするし、腫物に触れない要領でスルーしてしまいがち。

ただ「やばい」と思うだけ。お気楽でいられるのは今のうちかも知れません。この記事を読み終わった後、あなたは何を感じるのでしょうか?

 

 

秋田県の人口の現状


秋田県の人口と世帯(月報)平成29年7月1日現在(PDF) より

2017年7月の時点で秋田県の総人口は約99万8千人6月と比べるとおよそマイナス900人という結果がでています。

 

 

次にグラフを見ていきましょう。

完全なる右肩下がり。他のグラフも見ていくと一目瞭然なのですが、ここ最近のひと月の人口減少は約1000人。秋田県ではひと月で約1000人の人口減少している事がわかりました。

 

 

秋田が消滅するXデー

 

秋田県の総人口が99万8千人で、ひと月に1000人ずつ人口が減少していった場合で考えると以下のようになります。

 

秋田が消滅するXデーをもとめる計算式
(総人口)÷(1年の人口減少)=(Xデーまでの年数
998000 ÷ 12000=83.1

 

筆者の(単純でありえない)計算でいくと、約83年後、ちょうど2100年で秋田の総人口は0人になってしまうと考えると驚きじゃないですか!?仮に83年後、本当に0になってしまったら、一体ふるさと秋田県はどうなってしまうのでしょうか。秋田美人は消えるのですか?「これが秋田だ!」というキーワードも皮肉に聴こえてきます。

勿論、ひと月で1000人減少するのが永遠と続くことはあり得ません。
ですが今回、手前味噌ではありますが秋田県の人口減少をシミュレーションしてみて、いまいちど83年後の「あきたびじょん」を考えてみた時、秋田本当に終わりそう…と思ってしまったのが筆者のリアルです。



 

ぶっちゃけ、人口減少の話はどうでもいい

日々のニュースで流れてくる秋田の人口減少…。現状、秋田県の企業や団体は、県外流出してしまった若者(人材)へ向けて【Aターン就職】を強化したり、他県から秋田への移住できる仕組みを作って人口減少を食い止めようと秋田県一丸となり奔走中。しかし人口は減少する一方です。

「秋田の人口減少はどうにかしたい(ヤバいと思っている)けど、どうにもできない」と思っている秋田県民は多いのではないでしょうか?逆に、「歯止めがきかないなら、人口減少対策意味なくない?」と考える人もいて良い思います。「そもそも秋田県民だけど全国的に人口減少は起こっているし、県を背負って立つ理由がない」と主張する人もいるでしょう。筆者はどの考えもあてはまります。最近では、最強の動物はカバか?ゾウか?の議論の如く人口減少の議論も不毛だと思っています。

 

「人口減少の話は不毛だ!答えがないし~!」と宣言しましたが、人口減少について考える事は重要だと思います。数年後、あなたの実家に住んでいる人はいますか?地域(部落)に人は残りますか?身の回りの影響は少なからずあるはずです。

 

 

ここまでお付き合いくださったあなたが、秋田県の人口減少を考えるキッカケになっていればうれしい限りです。

不老不死の薬ができるのか、ロボット人間になるのか、火星へ移住するのかは全く見当もつきませんが、83年後の「あきたびじょん」はどうなっているのだろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。