【あるある】東京と秋田のイベントの違い

どうもです。じゃんごブログ編集長です。

 

今日では、スポーツ・音楽・エンターテインメントなど、様々なジャンルのイベントが存在します。

イベントは全国各地で大小問わず行われており、時間があったらとにかくイベント参加!という方も少なくないと思います。

私もコンサートや秋田のイベントによく足を運び、レポートを書いています。

 

そこで思ったのです。

東京と秋田のイベントの違い

ってあるよなぁ~…と。

 

今回は「東京と秋田のイベントの違い」をご紹介していきます!

 

東京と秋田のイベントの違い


豊富なイベントジャンルに憧れる

音楽・スポーツ・エンターテインメント…。東京では様々なジャンルのイベントが連日連夜開催されています。「あ、今日このイベントに参加したい!」と思ったら仕事終わりに参加…なんてこともできちゃいます。

しかし、秋田ではどうでしょう。

圧倒的に、

夜のイベントは少ないです。

秋田の夜のイベントといえば花火祭り毎年決まった時期にある郷ひろみのコンサートくらい(笑)

東京と比べると、圧倒的に夜イベは少ないです。

「毎年決まった時期に同じイベント」が秋田のスタンダードであり、風物詩でもあります。だけど、秋田のイベントは毎年同じで、最先端のイベントには参加できません。

いろんなジャンルのイベント、憧れますね…。

 

年齢層が高い

秋田といったら、少子高齢社会のトップランナー。

地元がプッシュしているイベントに参加すると、ほとんどが、おじいちゃん・おばあちゃん。そして全体的に落ち着いたイベントが多く、地元イベントのバザーは毎回必須。いつでも、どのイベントに参加しても新鮮な野菜や果物がGETできる率が高いです。

 

秋田会場コンサートはほぼ関東ファン

これは、アイドルや人気アーティストにありがちなことです。

秋田県民ファンとしては最高なのですが、秋田は人口が少なく、ファン数も少ないです。

アイドルや人気アーティストのコンサート会場(いわゆる”現場”)には、秋田なまりの人は少ないです。ほとんどが、関東から来たファンクラブの人。

地元なのに肩身が狭い」なんて体験をした方もいるのでは?




知り合いと出会う

イベント数が少ない&人口が少ない秋田県では、知り合いと出会う確率が半端なく高め。これはイベントでなくても、地元のスーパーやイオンに行ってもそうですね。

”人が集まる場所”が限られている秋田県では避けては通れないです。

絶対います(笑)

大都会・東京ではそんなこと、まずありえないですよね。

 

県内イベでも移動時間…

秋田県のイベントは「県北」「県央」「県南」の、どのエリアでイベントがあるのかも重要です。例えば、「県南」に住んでいる人が「県北」のイベントに参加するとなると、車で2.3時間はかかります。電車やバスは本数も少なく、車のほうが断然楽です。

大いなる秋田では、どのエリアで開催されるかがキーポイントになってきます。東京のイベントは移動も楽・帰りも楽。羨ましい限りです。

 

まとめ


東京と秋田のイベントの違いをご紹介してきました。

東京のイベントは種類・ジャンルも豊富。さらにはどの時間帯でも開催されています。一方、秋田では毎年恒例・夜イベ少ない・移動時間問題などを例としてあげましたが、マイナスな部分ばかりではないことに気づきませんか?

例えば「毎年恒例イベント

素晴らしくないですか?何年も続いているイベントということは、地元の方が育て上げたイベントだということ。その地域でしか実現することができない貴重なイベントです。大事にしていきたいですね。

移動距離」もしかり。イベントに懸ける想いが他の方とは違ってきて、最も重要な楽しもうという気持ちが誰よりも強いということ。

秋田のイベントも捨てたもんじゃありません!

 

秋田だからこそ実現可能なイベントってたくさんあるのでは?と改めて感じるじゃんごでした~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。