秋田県が”商売下手”な理由

どうもです。じゃんごブログ編集長です。

「秋田県は商売下手」と秋田県民の方は一度は耳にしたことがある言葉ではないでしょうか?

「秋田は商売が下手」「宣伝が苦手」という言葉をよく耳にします。「良いモノがたくさんあるのに、認知や評価が追いつかずもったいない」という文脈で語られるケースが多いようです。- 木曜の窓 リレーコラム 「モノ」から「コト」へ=矢野智美 /秋田 より一部引用

 

会社員として働いている秋田県民の筆者も、「秋田県は商売下手」というフレーズはよく県外の方から聞いたことがあります。

今回の記事では「なんで商売下手なのだろう」という疑問をまとめていきたいと思います。

 

 

1.プロモーション下手

秋田県は商売下手と言われる原因の1つとして「PR(プロモーション)下手」ということがわかります。例えば、秋田県には伝統の文化や食があるのにも関わらず商品化しない。せっかく素晴らしいイベントなのに、デザイナーを入れずポスターやチラシを作る。という”ネットの声”が多いです。

思い返すと、その土地でしか販売されていないローカルな食(地元の道の駅にだけ出品されているような商品)があったりしますね。勿体ない!地元のお祭りやトークイベントの内容は素晴らしい(地方創生系のイベントとか、アート系とか)のに、ポスターやチラシはパワーポイントで作成できそうなクオリティー…。という印象がなきにしろあらず。

 

都会だけでなく、秋田にも自分らしく働けるデザイナーの雇用が必要なのかも知れませんね。

 

 

2.秋田県民の性格に問題あり!?

東北でも秋田は、「老後の生活費について資金計画を立てている人の割合」が全国で最下位。贅沢と遊びを優先させてしまう秋田県民は、東北きっての“先行き不安県民”といえるかもしれない。- livedoor NEWS「金持ち県民、貧乏県民」ランキング より一部引用

秋田の人って穏やかで優しくて….という性格がゆえに、商売下手と言われるのかも知れません。約束事が遅れてもニコッと笑顔で「わがった~」と待ってくれる。仕事でミスをしても「なんもだぁ~」と許してしまう。

意地っ張り・頑固という性格も、秋田県民の長所であり短所。考え方を変えない、若者を事業に参集させフレッシュなアイデアを取り入れない…全てがその通り!ではないと思いますが、そういった文化や習慣も”秋田県は商売下手に影響しているのかも?




 

3.ターゲットは誰?謎開拓や改修工事の嵐

県立美術館(秋田市中通1)の2016年度の入館者数が約9万人で、年間目標の12万人を大幅に下回ったことが分かった。(中略)オープンからわずか4年での改修に、県議からは「当初の計画は何だったのか」と疑問の声が出ている。開館4年で改修16年度入館大幅減 県議、計画甘さ指摘 /秋田 毎日新聞より一部引用

新しい建物が完成→初日は満員→一週間後は客足薄い…といった経験ありますよね!秋田県民の皆さん!?

オープン当初の盛り上がりはその人の数に驚きます。「ここはアキタデスカ」と外国人観光客の気分が味わえるし、これで秋田も安泰だ!とさえ思ってしまえるあの気分。その一週間後、一か月後、一年後って…。これ以上書くと悲しくなってきます(泣)。

でも、それが現状。最近で言えば「大曲のドン・キホーテ」の閉店。営業期間は一年前後でしょうか。

ターゲットは誰?と思わざるを得ない状況で「なにやっても潰れる感」が強い。秋田で起業する難しさがわかります。施設の改修工事も、「それ必要?」という声があるようです。

 

 

まとめ

秋田県が”商売下手”と言われる理由は以上です。新聞でもこのブログでも、大きく取り上げられているニュースは目につきやすいです。

でも実際は、秋田県の商品を県外・国外へ販売している例もあれば、世界のトップブランドの工場が秋田県内にあったりするので、一概に”商売下手”とは言い切れない気がします。

頑張りましょう秋田県!筆者も秋田が大好きなので!

 

 

「パチンコ」だけは年中最強なんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。