【レビュー】ストライクバックの魅力を語り尽くす

筆者は暇さえあればHuluを開き「海外ドラマ」をあさりまくり、気がつけば(食事もせず)深夜になっていたこともある程海外ドラマが大好きです。Huluは「ウォーキング・デッド」や「プリズン・ブレイク」といった超有名タイトルの海外ドラマも配信されているのでオススメです。

今回、筆者がオススメしたいのは海外ドラマのストライクバックです。

ストライクバック:極秘ミッションとは?
・アメリカのCinemaxとイギリスのSky1で放送されているテレビドラマ。
・アメリカでの第1シーズンの初回放送は2011年8月12日に開始された。
・現在Huluではシーズン3まで視聴することが可能。45分×30話(ep1-3)

 

 

過激な描写が人気なストライクバック

ストライクバックの人気の理由は「過激な描写」です。大まかなストーリーとして、精鋭部隊に所属するマイケル・ストーンブリッジとダミアン・スコットが毎回極秘ミッションをこなしていくという内容。

ミッションをこなしていく途中の戦闘シーンが過激です。銃撃で負傷したシーン、暗殺のシーン、拷問のシーン…。日本のテレビでは見かけない過激(リアル)なシーンが豊富。

ちなみに戦闘シーンヲタの筆者からすると、ストライクバックは「大胆な戦闘」・「潜入」・「回収」と豊富なミッションシーンが含まれているので、ドカーン!バーン!みたいな単調なシーンばかりでなくて好き。

 

 

緊張感と弛緩

ストライクバックは”過激な描写”とは正反対に弛緩(しかん)のシーンもバランスがとれています。緩急のバランスが絶妙といったところでしょうか。息もつかせぬ戦闘シーンに時折でてくるブラックジョーク。スコットと美女とのお色気シーン(毎回あります)。それらが視聴者の緊張をほぐしてくれます。

 

 

一回見たら止まらない!

ストライクバックのエピソードは2話完結型。前編・後編で分けられていて、次のエピソードが早く見たくなる話の構成。主人公でもあるスコットはすぐナンパするし、戦場でもジョークを飛ばす人間チックなヒーローです。

ストライクバックに出てくる登場人物は【全て完璧にミッションをこなすヒーロー。(しかもイケメン)】ではなく【苦悩や困難を協力して乗り越える、人間味たっぷりのヒーロー】だから面白いのです!そんな弱みを乗り越えていく彼らたちにも注目です。

先ほどチラッと書いたスコットのお色気シーンなのですが、日本では見られない「いいの?」と思う程の際どさ。「またエロシーンかい!」と突っ込みたくなる頻度で訪れるエロシーン。けど彼らは、毎回死と隣り合わせのミッションをこなしている訳ですから、そりゃあ帰還できたら生きがいを感じたいでしょう!!(笑)本筋のアクションとは全く違いますが、みどころです!

 

ストライクバックまとめ

ストライクバックまとめ

  1. 戦闘シーンの過激な描写が人気
  2. 人間身溢れるダンディなダブル主人公
  3. 多様なミッション(暗殺・回収・潜入)
  4. 緩急バランスがとれているので見ていて疲れない(2話完結型)
  5. エロシーンが想像以上にエロ。一人で見ることをオススメします

いかがでしたか?筆者はこの記事を書き上げている最中もストライクバックを見たくて堪らなくなってきました(笑)そんなストライクバックは現在Huluにて視聴可能です。Huluは月額933円(税抜)で、映画・ドラマ・アニメが見放題の動画サービス。今なら新規登録者2週間無料トライアル中です。

この夏は”どストライク”な海外ドラマで決めちゃいましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。