【横手市】カラオケ店で食べるまぜそば。注文は電話(内線)でやるシステム|まぜそば専門店 二代目まるよし

2021年4月、秋田県横手市にオープンしたまぜそば専門店「二代目まるよし」に行ってきました。

二代目まるよしの場所

二代目まるよしは、横手駅西口にある「マスタージョイ」というカラオケ店の中に入っています。マスタージョイに入って、受付があって、その目の前に「のれん」がかかっているので、そこが二代目まるよしとなります。

「食べる場所」と「作る場所」が分けられている(別の場所)のが、二代目まるよしの特徴。受付場所がカラオケ店と同じなので、きっと「カラオケ店の厨房でまぜそばを作っている」のだと思います。なので食べる場所はイステーブルだけ、という、スタッフがいない状態で、少し新鮮な感覚でした。

席は「カウンター」と「テーブル」、両方ありました。1人や少人数での利用にぴったりです。

二代目まるよし|メニュー

横手市・二代目まるよしの通常まぜそばメニューは3種類。

「まるよしまぜそば(並・850円)」、「台湾まぜそば(並・920円)」、「カレーまぜそば(並・950円)」というラインナップ。

筆者が訪問した際には、限定メニューの「トムヤムまぜそば(並・880円)」と、これまた限定メニューの「汁なし担々麺(並・900円)」がメニューにありました。

他のレビューなどを見ると、「台湾まぜそば」が結構人気のような印象がありますが、筆者は「まるよしまぜそば」を注文しました。

食べ方あるの親切で好きです

注文は電話で!

二代目まるよしは「さすがカラオケ店!」と言わんばかりの注文方法が特徴です。

注文は、「電話(内線)」で行います。まるでカラオケに来ているみたいですよね~。これだと非接触となるので、3密を心掛けた注文方法だとひとり感心していました。店内はフリーWi-Fiもとんでいて、意外にも過ごしやすかったです。

味の感想:まるよしまぜそば

トッピングなしの「まるよしまぜそば」を注文してみました!デフォルトのトッピングがいろいろあって、なんだか心躍ります。

器がとても大きいので、天地返ししやすく、とってもまぜやすい。混ぜてる途中にポロッとトッピングが落ちないので、まぜそば初心者の方でも安心です。

天地返しが終われば、魚粉が全体に混ざり、魚系のまぜそばが完成。器の底にたまるスープは結構多めで、あっさりとした食べやすい味でした。ニンニクなどは「追加トッピング」となるので、パンチが欲しいという方は、注文時に追加を伝えておく必要があります。筆者はこの日、「ガツンとしたまぜそばが食べたいな~」と思っていたので、少し物足りないかな~?と感じました(でも、まぜそばとしては普通にイケると思う)

追い飯あり(無料)

二代目まるよしでまぜそばを注文すると、希望の方は「追い飯」を注文できます。※無料

アイスを盛るやつでやったみたいな、可愛いご飯が来ました(笑) 量は、もう少し欲しかったかも~!…という感じ。

まとめ

二代目まるよしのまぜそば、筆者の主観的感想は「カラオケの時に食べたら最強」…です!

カラオケでサイドメニューを注文せず、二代目まるよしでこのまぜそばを食べたら、食後の歌にも気合いが入りそうです。カラオケのサイドメニューとして考えたら、クオリティは文句なし。

もし、このカラオケ店(マスタージョイ)を利用することがあったら、二代目まるよしさんのまぜそばを食べたいです。台湾まぜそばも気になりますね。

ごちそうさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です