【モンハンライズ】ゴマキが「秋田のナマハゲ」に似たモンスターを討伐してる!ゴシャハギはナマハゲがモチーフなの?

じゃんご
ゴマキのギルドを見てたら、まるで秋田のナマハゲのようなモンスター「ゴシャハギ」を討伐してた!

2021年3月、モンスターハンターシリーズの新作ソフト「モンスターハンターライズ」が発売され、はや数日が経ちました。モンハンシリーズといえば筆者もPS2時代からハマり、PSPの「2nd」、「2ndG」などを経て、PS4の「ワールド」までプレイしていたハンターです。

モンハンライズはニンテンドーSwitchのゲームで、子供から大人まで楽しめる作品なのですが、筆者はSwitchを所持しておりません。

なので、ゲーム実況動画を見て
満足しているんです!泣

昨夜、「今日もみんなモンハンライズの実況動画公開しているな~」とニンマリ顔でスマホ画面スクロールしていると、元モーニング娘。の後藤真希さんのYouTubeチャンネル「ゴマキのギルド(モンハンばっかりプレイしてる)」のモンハンライズ動画が新着にありました。

じゃんご
おっ、新しい動画あがってる~♪…ってあれ、ナマハゲ…!?

サムネイルを注視すると「新モンスター ゴシャハギ」という文字と、二本のツノをはやした強面の「なんか見た時ある感じ」のあるモンスターが。どうやらSwitchで新しく登場した新モンスターとのこと。

ここで、秋田県民の方ならピンときますよね…

じゃんご
こいつナマハゲじゃね?www

まずはモンスターの名前。

秋田県民歴27年の筆者の分析によると、「ゴシャハギ」は2つの文字から成り立っています。

「ごしゃぐ」と「なもみ剥ぎ」です。

 

「ごしゃぐ」は秋田の方言で、「怒る」という意味を持っています。「先生からごしゃがれだ~(先生から怒られた)」のように使いますね。

そして「なもみ剥ぎ」は、なまはげの由来(別称)です。

「なもみ剥ぎ」について

ナモミとは、囲炉裏などの火に長時間あたり続けるとできるやけどのことで、昔の人たちは、ナモミができる人を怠け者と捉えていました(ナモミができている人=家でダラダラ怠けている)

ナモミをを剥いで戒める行事が「ナモミハギ」と呼ばれており、転じて「ナマハゲ」となりました。

じゃんご
モンハンライズの「ゴシャハギ」は、「ごしゃぐ」と「なもみ剥ぎ」を合体させた名前!つまり「ごしゃいでいるナマハゲ(怒っているナマハゲ)」ということになりますねっ!キリッ

…という、的を射ているのか射ていないのかわからない妄想が筆者の脳内で繰り広げられる中、ゴマキは「ゴシャハギ」を愛用するハンマーで殴り続け、あっさり討伐。途中、ゴシャハギが怒り状態になったとき、体が青色→赤色に変化するのも、きっとナマハゲがモチーフなのかも!と感じました。


モンハンライズ内で「ナマハゲをモチーフとしています」という表記はきっと無いけれど、違う世界線のナマハゲがこんなんだったら怖いよな←

じゃんご
あ、俺、ナマハゲ伝導士の資格あるんだった。

秋田若者がナマハゲ伝導士認定試験に挑戦する話#1

2018年10月27日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です