【秋田会場】アートたけし展に行ってきた!

どうもです。じゃんごブログ編集長です。

 

11月23日

アートたけし展に行ってきました!

初日です。

 

「アートと私」という小論文を書かせようものなら、一向に筆が進まないであろう私。ではなぜ「アートたけし展」に行ったのか。お金を払いアートを求めたのか。

 

それは、

ビートたけしという人間を
知りたかったから。

 

元々、お笑い好きの私。お笑い好きなら誰しも通るであろう「たけしワールド」

知っての通り、たけしワールドはジャンルを問わず、それはそれは多岐にわたるもので、【芸人】【俳優】【映画監督】と何でもアリの世界。しかも成功しています。

そして今回は「アート」

ビートたけしは何者なのか。何を考えて世界を広げて私たちにメッセージを送っているのか。非常に気になったので、秋田市で行われる「アートたけし展」に行った訳です!

 

アートたけし展に行ってきた!


期間は12月24日まで

秋田市にある秋田県立美術館に到着です。

外壁や入口に「アートたけし展」と大きく看板が見えるので迷う率0%です。

ちなみに開催期間は11月23日~12月24日まで。まだまだ開催しています。

 

 

美術館に入ると…

秋田県立美術館に入ると正面に写真撮影コーナーがあります。

ネコタクシー記念撮影コーナー

ビートたけしが描いた【ネコタクシー】の世界に入り込める写真コーナー。

よく見ると夜っぽいのにお日様が出てる。しかもタクシーの運転手がネコ。この世界に入り込むとどのような気持ちになるのでしょう…。日本語は喋れるのかな?お金は必要なのかな?そんな事を考えながら写真を撮るのもいいですね。

キタノマンション記念撮影コーナー

こちらは様々な人や風景をのぞかせる「キタノマンション」

先ほど紹介した「ネコタクシー」もそうですが、動物の登場回数が多いです。ビートたけしにとっての動物は非常に身近な存在なのかも知れません。

 

それでは入場しよう

秋田県立美術館の入り口から右手に進むと、受付があります。料金は以下の通り。

 ■当日券

  • 大人:1,300円
  • 高校生・専門学校生・大学生:500円
  • 中学生以下:無料

■音声ガイド(当日)

  • 大人:500円
  • 大学生以下:300円(学生証の提示要)

ちなみに、前売り券は販売終了。思い立ったが吉日!がモットーな私は、当日券にて入場。前売り買っておけばよかったと今更後悔…。

注意事項としては展示内の撮影はNG!写真は撮影コーナーのみ。

音声ガイドはあったほうがいい!

アート展で初めて音声ガイドを利用しました。

音声ガイドは「山田五郎のナットク美術ガイド」というもので、ビートたけしの作品紹介、人物像、エピソード等を山田五郎さんが解説してくれます。

それぞれの作品の横に「1」とか「2」とか表記されているので、それに対応した音声ガイドの番号をポチっとすればOK。作品の魅力や、違った見方が楽しめます。

ラジオ好きの方や、お1人で鑑賞される方にとってもオススメなので是非「アートたけし展」の音声ガイドを利用してみてください♪




 

作品について

作品は写真がNGなので、言葉で説明しますね。

アート展初体験な私の感想を述べたいと思います。

 

まず驚いたのが、

アートの幅が広い!

という事。

「当たり前だよ!」という人もいるかもしれませんが、私の中で【アート=絵】という固定概念がありました。絵は勿論のことながら、動く展示や版画、既製品を分解・融合させた作品等…。アートたけし展って絵だけじゃないんだ!という事が発見でした。

 

ある作品の解説(山田五郎さんが音声ガイド)で言っていた、印象的な言葉があります。(※一字一句同じではないです)

「ビートたけしとは何者なのか。その答を見つける為に、わざわざ仕事が終わってからでも、夢中になって絵を書いたり、版画を彫ったりしている。」

本来ここに飾られている展示や絵は、もともと人に見せる為ではなく、自分自身と向き合う為に表現したもの。私はハッとしました。そこに「たけしワールド」を見出した瞬間だったからです。

その後も、発見と感動を繰り返し、鑑賞終了。最後のルートではグッズ販売コーナーがあります。

今回入手したグッズがコチラ。


▲可愛い動物や植物が描かれたのポストカード

▲実際に展示している絵は光ります!

▲版画。うますぎるっ!!

▲缶バッチ。記念といったらコレ。

グッズも比較的リーズナブルなものが多かったので、アートたけし展に行った際は記念に買うのもいいかもです。

 

感動と発見の連続…ますます魅力的になるアートたけし展でした。

 

秋田で「アートたけし展」を見よう!


もともと、見に行くキッカケは『ビートたけしという人間を知りたいから』という目的でした。今回行ってみてわかったのが、ビートたけし自身も『ビートたけしという人間を知りたいから』表現しているという事。そんな、想像の何倍も上を行くたけしワールドを存分に味わうことができました。

秋田県立美術館で行われる「アートたけし展」は12月24日まで。

まだまだ期間はあるので、是非一度、たけしワールドに触れて刺激を受けてみてください。オススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。