僕のライバルは「同級生の美人」

どうもです。
秋田ブロガー・ライター・YouTuberの
じゃんごブログ編集長です。

今回は誰も興味が湧かないだろうけど、
僕のライバルについて書いていきます。

 

僕にとってのライバル

 

僕にとってライバルとは、

ポケモンでいう「シゲル」
ナルトでいう「サスケ」
ドラゴンボールでいう「ベジータ」

のように、お互いのスキルや心身を高めあえる存在です

考えてみると、僕の人生で「ライバル」が存在しなかったことは一度もありません。

ライバルがいたから、
ここまでこれたんだと思ってます。

 

例えば、小学生の頃。

僕は小学校3年生から野球部に入部しますが、同級生数名も同じ時期に入部します。ポジション争いになれば「コイツより上手くなるんだ!」と誰よりも真剣になってレギュラーにこだわっていたし、野球は高校まで続けたけど、ずっと誰かしらを「ライバル」と設定して続けました。

 

好きな女の子ができた時もそう。

僕は「周りの男子」をライバルとして設定して、どの男子よりも格好よく、かつクールでいようと必死でした。結局その恋が実ったか実らなかったか、よくわからないけど。

でも「アイツより格好よくいたい」とか「アイツよりも魅力的でありたい」っていう想いは、今振り返ってみても強かったと思う。

 

僕はそんな感じで、常にライバルがいる状況を作り出すのが得意でした。

それはブロガーになっても、

ライターになっても、

YouTuberになっても同じ。

 

たまたまネットサーフィンで見つけた「気持ちの良い文章を書く人」を見つければ、その人がいつの間にかライバルになってるし、「クールな動画や楽しい企画を生み出した人」を見つければ、もうそれを生み出した人は自動的にライバルと設定します。

だから僕には、
ライバルがたくさんいます。

勝手にライバル作っちゃうから自分のスキルや心身を高めることができる存在」「目標としている人」というほうが正解かも。

自分の高め方は、一方的なライバル視。

 

ライバル間の勝ち負け

僕は勝手にライバルをつくりだすのが得意です。

 

そして、そのライバルには

絶対負けたくない。

って思っちゃう人なんです。

たぶんみんなが思っているより相当、「勝ち負けにこだわる人」だと思ってます。

 

ライバルが目立っていたり、華やかそうにしていると「マジで負けたくない!」って思います。SNSとか見てるとね。

そして、モーレツな嫉妬の始まります。

だけれど「嫉妬」は悪いことと捉えてなくて、むしろいい波が来てる~くらいに感じている自分がいます。

僕が嫉妬をすると「オメェにはぜってぇ~負けねぇかんな!!」と、悟空並みの闘争心が沸き上がるし、行動も大胆かつ積極的になれる。

いわゆる「嫉妬」は、ガソリン的な役割を果たしてくれるんです。「嫉妬」で僕の何割か構成されていると思います(笑)

僕にとって「嫉妬」はレッドブルやモンスターよりも効き目があるんです。

 

だいたい勝ってきたけど、一人だけ勝てないヤツがいる。


▲イメージだよ。

一方的に決めつけたライバルに「勝つこと」は、自分のさじ加減でなんとかなるのですが(だいたい「勝ち」にして成功体験を積む。設定もそんなに高くない)、

一人だけ、勝てない人がいるんです。

 

それは

同級生の美人です。

 

高校から大学まで一緒だった、
同じB型の女の子。

同級生の筈なのに、
頭一つ抜きんでてる感。

追いつけない感。

外見も性格もスキルも全部。

 

いつも僕のライバルって「会社内でのライバル」とか「文章のライバル」のように設定できていました。

だけど同級生の美人は、
「〇〇のライバル」と設定することができません。たぶん「何かしらのライバル」と脳内で設定しているのだろうけど、それが何かわからない…強いて言えば、人生のライバル?…

…こんな風に、普段考えなくてもいいようなことを考えていると、次第に同級生の美人をリスペクトする気持ちが芽生えてきました。

まさしく「がんばれカカロット…お前がナンバーワンだ!!!」って、ライバル関係である悟空をたたえるように。

なんか、勝てないんです。

勝ちたいのに。

 

 

…僕が会社を辞めてブロガーとして活動した時、その同級生と連絡する機会がありました。

彼女から

顔出しすごいね!

応援するわ!

と激励をいただいた後、即座に僕は「あなたがいたから出来たんだ」と返信していました。その言葉には「はやく追いつくし、ぜってぇ~負けねぇ!」というメッセージをそっと忍ばせた自分がいるくらいだから、やっぱりまだライバル視しているんだなぁ~って勝手に思ったり。

 

 

たぶんこれからずっと

僕はベジータで、あなたが悟空なんだと思う。

 

勝手にライバルに意識して

嫉妬して、

追いつこうとして、

強くなって、

それでもきっと足りなくて。

 

そんな自分も結構好き。

みてろよカカロット!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。