【対談】秋田若手シンガーソングライター・さいとういくみ<前編>

どうもです。
秋田ブロガーのじゃんごブログ編集長です。

今回はじゃんごブログ特別企画。

秋田で活躍する若手シンガーソングライター
さいとういくみ
さんとの対談です!

 

 

じゃんご:じゃ、やっていきます!

 

じゃんご:実はいくみ、

同級生だもんね。笑

 

いくみ:ははは(笑)そうね!

じゃんご:じゃ、はじめるぞい!(笑)

いくみ:わぁ~い!!

 

さいとういくみプロフィール

秋田県美郷町出身。秋田県立大曲高校卒業。
地元企業に勤めつつ、休日には秋田市ALVE(アルヴェ)にて無料ライブや県内イベント出演など、秋田県に拠点を置くシンガーソングライター。
弾き語りをメインとしているが、バンド「unlimited color(アンリミデッドカラー)」のヴォーカルも務めている。「YOKOTE音FESTIVAL2018」「種苗交換会2018」にも参加。じゃんごの中学の頃の同級生

 

シンガーソングライターは遊びの延長

じゃんご:音楽活動をはじめたきっかけってなんだったの?僕の知ってるいくみは全然そんな感じしなかったけど?

いくみ:あぁ~…もともと歌うことは好きだったんだよね。高校生の時は1人でカラオケとか結構してた(笑)

じゃんご:いっしょ~!めっちゃいく(笑)

いくみ:ヒトカラ結構作業進むよね!

じゃんご:今、作業やるときたまにカラオケ行くけど、結局歌メインなる。いいやもう歌っちゃえ!って(笑)

いくみ:実際に音楽活動を始めたのは社会人になってからなんだけど、社会人なってからお金とか時間とか余裕がでてきて、学生時代より頻繁に友達と会う機会も減ってきて…

じゃんご:あぁ..

ひまぁぁぁぁ!!

って時間ね。まさに現在の俺(笑)

いくみ:そう!ひまぁぁぁ!!って感じ。(笑) それで軽く趣味程度でバンド始めたんです。

じゃんご:おぉ~。バンドっていうのは、どうやって参加できるシステムなの?

いくみ:自分で掲示板で「誰か拾ってくれませんか~?」って。それで拾ってもらって、最初はバンドのボーカルやってました。その中で出会ったのが、ドラマーのゆとゆとさんでした。

じゃんご:ゆとゆとさんね!

心動かされたライブを見た話。さいとういくみとゆとゆと

2018.03.31

いくみ:最初に入ったバンドは解散しちゃったけど、ゆとゆとさんは「(自分の演奏で)歌ってもらうことが好き」っていう人だったので、解散した時に組もうってなりました。

じゃんご:相棒を探してたのかな?

いくみ:そうだね。そこからアコギに興味を持ち始めて、個人でネットに弾き語りとかあげてたね。

じゃんご:イイね!

いくみ:イイね!笑

 

アコギに「恋しちゃったんだ」

いくみ:高校の頃の好きなアーティストがYUIさんで、当時「すげぇ~弾き語りかっけぇ~!!」ってなってた(笑)

じゃんご:確かに、全盛期というか、
可愛すぎたもんなぁ~。

いくみ:そうそう!YUIさんに憧れてました!

じゃんご:今憧れてるアーティストっているの?

いくみ:えぇ…

今憧れてるアーティストいないかもしれない…(小声)

じゃんご:いねーのかい!(笑)

いくみ:けど、「聴く音楽」って言えば、やっぱりアコギもってるアーティストさんだよね。大原櫻子ちゃんとか。そういう人たちは「カッコイイなぁ~」って思うよね。

いくみ:今、一緒に活動している unlimited color(アンリミデッドカラー)は、去年から入らせていただいてます。unlimited color はすごい長い期間、秋田で活動してるバンドで、ボーカルの方が抜けたので、そこに私が入らせていただいてる感じです。

じゃんご:おぉ~。注目の若手だね!




”一瞬”がオリジナルを創らせる。

じゃんご:現在の活動内容を教えてください!

いくみYouTubeで弾き語り投稿したり、自分でつくった曲でライブしたり…って感じです!

じゃんご作詞・作曲ってすごくね? ネットで見てびっくりした!「同級生スゲー」って。作詞作曲始めたのっていつ頃から?

いくみ:オリジナル?

じゃんご:そう。

いくみ:結構前!(笑)

いくみ:10月に単独でライブをしたんだけど、その時は全部オリジナルの曲を披露しました。

じゃんご:すげ~!!全部で何曲あるの?

いくみ:7曲くらいある。

じゃんご:すご!なんで作詞・作曲に目覚めたの?今までのライブってカバーメインだったと思うけど、きっかけ的なの、あったの?

いくみ:きっかけかぁ…。
3月にALVEでライブしたときに、いつもより声をかけてもらったんです。「応援してます!」とか「頑張ってください!」って。嬉しくて次の日に曲ができたの!

じゃんご:えぇ~!いい流れというか、自分が体感してすぐに曲つくれたんだぁ~。すごくいい曲じゃん絶対。

いくみ:そうそう!スラスラできたの!かっこいい表現だと、降ってきた。

じゃんご:そっかぁ~それはすげー。
曲つくろう!」って意気込むんじゃなくて、自然体で完成するんだ?

いくみ:んだね~。
私、意気込んで曲つくれないの。
例えば雨の日にしか雨の日の曲しかつくれなくて…だから晴れの日に「雨の曲」とかは全然つくれないんです。その時の空気とか、においとか、その一瞬にしかわからないところを切り取って歌ってます!

じゃんご:自分で体感した瞬間に”降ってこられる”んですね(笑)じゃんごブログも同じで、毎日、その日にあった投稿しよう!って思うから、共感できるよ!

じゃんご:初めて作詞作曲を手掛けたのは、どんな歌になったんですか?

いくみ:「応援ソング」のようなカタチになりました。元気をもらったから、お返ししたいなって。「帰り道」っていう曲です。

じゃんご:俺も聴いたぁ~♪すげーよかったよ。風呂入る時聴いてた。

 

かっこいい自分は、自信だ。

じゃんご:ところで作詞作曲ってクソ難しいんじゃないの?

いくみ:やってる?

いくみ:なんか打ち込みとかやってそう…。

じゃんご:やってないし!笑

※打ち込み:主にドラムマシンやミュージックシーケンサーなど(PCとか)に事前に演奏情報を入力しておいて(打ち込んでおいて)、それを再生することで演奏を実現させる技法。

 

じゃんご:ギター1本でメロディー奏でて、歌も入れる…って作業、かっこいいなって思うから。

いくみ:かっこいいよなぁ~

私、自分の事かっこいいなって思うから。

 

じゃんご:すげーな。だけど

俺も自分かっこいいって思う。

 

二人:(爆笑)

 

じゃんご:通ずるもの、あるな!笑

いくみ:んだね~。笑

じゃんご:今後の予定ってどうなってるの?もうALVEの無料ライブはやらないの?

いくみ:今はないなぁ~。だって寒くなるじゃん。

じゃんご:そうか~。けどよくやってるよね、ALVE(秋田市)で。美郷町から秋田市まで通ってたわけでしょ?地味に遠くて嫌じゃない?

いくみ:ちょっと遠い

いくみ:地元(美郷町)で歌える場所あればいいけど…

じゃんご:場所はあるかもだけど…多分集まらない、今は。そもそも「共感してくれる可能性がある人」が少ないと思う

いくみ:ALVEは「きらめきパフォーマー」って枠があって、それに登録してるから場所も無料だし、やっぱ楽だよね。

じゃんご:そっか~。いつも秋田市まで行けるのは場所があるから・ワクワクがあるからなんだね。

いくみ:ある!歌いた~い!楽しいし♪




「謎の人」じゃなくなる秘訣

じゃんご結構ライブ来てくれる方増えたんじゃない?
SNSでの交流をみてたらそんな感じする!

いくみ:ありがたいことに徐々に増えてきました!

じゃんご:一番最初のライブって、相当度胸とか、信念的なのなきゃ踏み出せないと思うけど、どうだった?ド緊張だったでしょ?

いくみド緊張!(笑)
しかもあのALVEの中だべぇ~?最悪!!
JKめっちゃ怖いし~と思って。笑

じゃんご:ALVEのライブは夕方あたりにやるもんね。

いくみ:そう、自分に酔える時間。笑

じゃんご:いいよね~酔える時間。
あそこ(ALVE)の空間もすごくいい。響くし。
歌ったら気持ちよさそうだなぁ~って思う。

いくみ;歌ってみて一回!

じゃんご:無理だ。笑

いくみ:最初って誰も聴いてくれる人いないから…。

じゃんご:「謎の軍団」だった?

いくみ:いきなり現れた人たちだらねぇ~。

じゃんご:でも「歌いたい」とか「発信したい」が強かったから、今でも続けてるんでしょ?

 

いくみ:んだね~。

私、目立ちたがりだから。

 

じゃんご:そっか~

俺も目立ちたがりだから。笑

 

二人:(爆笑)

 


▲2018年3月のアルヴェライブの様子。空間が広くて幻想的。

じゃんご:自分はネットを通じて目立とうとしてるけど、いくみは【ヒト対ヒト】でやってるのが、ほんとにスゲーなって思う。この若さで1人で同級生で。リスペクトしてるよ!

いくみ:ありがとござまぁ~す!!

じゃんご:曲は誰かに向けて書いてるの?

いくみ:自己満足な曲が多いね~。
自分がおもった事しか歌ってないです。

じゃんご:例えば?
大恋愛したいです!」とか?笑

いくみ:ないわぁ!笑
けどね、「ラーメン食べたい曲」とかあるよ!笑

じゃんご:ええ~!なにそれ!?腹減って?笑

いくみ:そう。笑

 

女子高生1人だったから、余計に嬉しかった。

じゃんご思い出のライブはある?

いくみ:私が一番うれしかったのは、女子高生が一人で「ライブよかったです!」って言いにきた時!

じゃんご:女子高生から言われたい!

いくみ:女子高生1人で言いにくるのがすごいなって。その子がすごい。私だったら「よかった」と思っても、言えないもん。

じゃんご:わかる~。
せいぜいTwitterでリプ送るくらいだよね。

いくみ:そうそう言えない!勇気がでない。しかも、2~3人とかじゃなく、目の前に来てくれて言ってくれたので嬉しかったです。

じゃんご:それこそ、その出会いもいくみが一歩踏み出せたからできた経験だよね。踏み出していなければ、生まれなかった。

いくみ:そうだね~。その時ホントに嬉しくて、ホクホクした気持ちで帰ったもん。

じゃんごブログ見てます!!って言われたい。笑

【後編へ続く】

【対談】秋田若手シンガーソングライター・さいとういくみ<後編>

2018.11.04
▲中学時代の同級生ふたり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。