僕が実際に「フリーナンス」を利用したガチレビュー。フリーランスになる前に知ってほしいこと|FREENANCE



「フリーナンス」って何?と思い、この記事を開いた読者の方に向けて、ブロガー・ライター・YouTuberの僕が実際にフリーナンスを利用した感想を書きたいと思います。

  • フリーナンスを利用してみようかな?
  • どんなサービスなの?
  • 登録にお金が必要?
  • これからフリーランスになるけど不安
  • 補償サービスに加入していない

…と思っている方、ぜひ最後までご覧ください。

ところで個人事業主・フリーランスの方、「フリーランス補償(仕事の補償)」に入っていますか?

じゃんご
フリーナンスの会員(無料)になると、仕事中の事故や納品物の欠陥を原因とする事故を最高5,000万円まで補償する「フリーナンスあんしん補償Basic」が無料で付帯されます!年会費なども発生しません。「とにかく入ったほうがいいレベル」でおすすめです。

フリーナンス(FREENANCE)は、”駆け出しフリーランス”に知ってほしいサービス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主を支える「お金」と「保険」のサービスです。

主なサービスは以下の通り。

フリーナンスのサービス一覧
  1. 請求書の即日払い
  2. フリーランス補償に入れる(あんしん補償)
  3. フリーナンス口座を作れる
  4. バーチャルオフィスが作れる
  5. Adobeのソフトが15%OFFで利用できる など

 

どんな人が利用できる?登録は必要?

フリーランスのデザイナー、カメラマン、ライター、システムエンジニアなど、個人で活動している方が利用できます。(法人でも利用可能)

ただし、フリーナンスのサービスを利用するには無料会員登録が必要です。また、会員登録時には「審査」もあります。

フリーナンスの「無料会員登録審査」が通る人・通らない人。必要書類や入力方法、手順などまとめ|FREENANCE

2023年9月5日
じゃんご
僕はブログ運営・フリーライター・動画制作などのスキルがありますが、「業種:ライター・記者」として登録しました。審査は僕でも通ったので、まっとうな仕事をしている方なら余裕で通ります。

 

登録料金は無料、プランは3種類ある

フリーランスの会員登録は無料ですが、「フリー」、「レギュラー」、「プレミアム」の3種類から、プランを選ぶことができます。

サービス/プラン フリー(月0円) レギュラー(月590円) プレミアム(月1,200円)
フリーナンス口座
即日払い
あんしん補償 最高5,000万円の損害賠償補償
最高5,000万円の損害賠償補償
最高500万円の業務過誤補償
最高5,000万円の損害賠償補償
最高500万円の業務過誤補償
バーチャルオフィス 別途申し込み 別途申し込み ライトプラン付き
あんしん補償プラス 諸条件あり 即時申し込み可能 即時申し込み可能
フリーナンス決済リンク
(決済利用手数料)
4.43% 3.93% 3.43%
Adobe CC 15%0ff 対象プラン外 利用可能 利用可能
じゃんご
“駆け出しフリーランス”の場合、無料のフリープランでも十分ありがたみのある内容です!特に「あんしん補償」がついてくるところが!

 

個人的に「あんしん補償」が決め手で加入した

フリーナンスのサービスはいろいろありますが、僕は無料の「補償サービス(フリーナンスあんしん補償Basic)」が付帯されることにメリットを感じ、加入しました。

じゃんご
フリーランスを始める際、必要最低限の「お守り」として心身の安定を支えてくれるので、まだ補償に加入していない方におすすめできます。

 

「無料フリーランス補償」が受けられる

フリーランス・個人事業主として活動する方のための、補償です。

FREENANCE会員(登録無料)になると、仕事中の事故や納品物の欠陥を原因とする事故を最高5,000万円まで補償する「フリーナンス安心補償Basic」が無料で付帯されます。

「フリーナンスあんしん補償Basic(無料)」の支払い度額は、下記の通り。

補償内容 1事故あたりの
補償限度額
期間中の限度額 ※1 自己負担額
業務遂行中の補償 5,000万円 なし 0円(なし)
仕事の結果(PL責任)の補償 5,000万円 5億円
受託財物の補償 100万円 なし

「フリーナンスあんしん補償Basic(無料)」のほか、自分のミス・さまざまなトラブルを幅広く補償する「あんしん補償(有料)」、仕事中の事故・入院や天災時の所得をカバーする「あんしん補償プラス(有料)」などもあります。※無料登録後に加入可能

じゃんご
退職して間もない“駆け出しフリーランス”にとって、無料保険が付帯されるのは嬉しい話。この保険には僕も入っていて、なにより安心して仕事を遂行できるのがキモです。



ビジネス用の「フリーナンス口座」を開設できる

フリーナンスに登録すると、「フリーナンス口座」を開設できます。

あなた自身の口座名義(屋号でもOK)で開設でき、口座維持手数料は無料で使えます。

また、請求先の振り込み先を、新しく開設したフリーナンス口座にすることで、

  • あなたが反社会的勢力データベースに掲載されていないことを証明できる
  • 万が一の場合にもあんしん補償によって発注先企業も守られる
  • 「プライベート口座」と「ビジネス口座」のすみ分けができる

…などというメリットがあります。

 

「請求書の即日払い」が受けられる

フリーナンスの「請求書の即日払い」とは、手持ちの請求書(請求日がまだ来ていない、未払いの請求書)を、現金化してくれるサービスです。

例えば、こんな時に役立ちます。

請求書の即日払いのお役立ち例
  • プロジェクトを進めるためのお金がない(終了後の報酬でプラスになる)
  • 案件を引き受けたがPCが破損して、急遽新しいPCの購入が必要になった
  • 大きな案件を引き受けたが、3ヵ月後の入金のため、その間の生活費が不安 など

このような、緊急事態時にフリーナンスの「請求書の即日払い」サービスがあれば、助かります。

じゃんご
会員登録を済ませてしまえば、無料で「即日払い」のサービスを受けることができます。

僕が体験した、フリーナンス即日払いに「かかる時間」「審査落ち」「相手にバレる?」を解説|FREENANCE

2023年9月6日

 

Adobeのソフトが15%OFFで利用できる

フリーナンスのレギュラー・プレミアム会員になると、下記のAdobeソフトが15%OFFで利用できます。

安く使えるAdobeソフト一覧
  1. Adobe Creative Cloud コンプリートプラン
  2. Adobe Photoshop
  3. Adobe Illustrator
  4. Adobe Premiere Pro
じゃんご
Adobe沼にハマっている僕からすると、このサービスはありがたい…!

 

バーチャルオフィスでイメージ向上・個人情報を守れる

「ビジネス用に自宅とは違う住所を使用したい」という方は、フリーナンスのバーチャルオフィスに加入しましょう。

月額770円(税込)~で、ビジネスエリアで人気の「銀座」の住所を借りることができます。

バーチャルオフィスを借りるメリット
  1. 住所が銀座。事業のブランドイメージ向上
  2. 住所が銀座。個人情報を守れる
  3. 法人登記に使える
  4. 郵便物を転送してもらえる など
じゃんご
僕は申請していませんが、ブランドイメージを重視している方や、個人宅が知られたくないという方におすすめ!

 

フリーナンスを利用した感想

2~3年ほどフリーナンスを利用させていただきました。

結論として、駆け出しフリーランスは登録するのが吉。とりあえず登録しておくだけで得をする。です。

フリーナンスを利用して感じた「メリット」
  • 無料であんしん補償が受けられる
  • 「即日払い」のスピードは本物
  • 僕でも審査に通った
  • わからないことは、ほとんど公式HPに掲載している
  • 調べてもわからなかったら、公式がメール対応してくれる など
フリーナンスを利用して感じた「デメリット」
  • 即日払いの手数料が地味に高い(最大10%)
    【例】10万円の請求書を即日払い→9万円(現金化)、1万円(手数料で引かれる)

上記のようなデメリットはありますが、即日払いを利用せずとも「無料のあんしん補償」が付帯するので、それだけを目当てに登録するメリットは十分にあると思います。

また、会員登録をしたからといって、必ず「即日払い」などのサービスを利用を強いられることもありません。登録・放置してても補償対象になります。

会員登録無料!即日払い・屋号名義の口座がつくれる!


じゃんご
日本大手のインターネット関連事業を手掛けるGMOグループが運営しています!信頼性はバツグンです。

◆関連記事:転職・フリーランスお役立ち情報はこちら

フリーナンスの「無料会員登録審査」が通る人・通らない人。必要書類や入力方法、手順などまとめ|FREENANCE

2023年9月5日

僕が体験した、フリーナンス即日払いに「かかる時間」「審査落ち」「相手にバレる?」を解説|FREENANCE

2023年9月6日

給料が高い保育士求人サイトなら「ジョブデポ」|担当者とのやりとりをスムーズに進める方法

2023年9月13日

#PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です