秋田銘菓「さなづら」を何年かぶりに食べた感想

突然ですが…

突然ですが皆様、「秋田銘菓」と言ったら何を思い浮かべますか?きっとほとんどの人が「金萬」を思い浮かべたと思います。

私も金萬を思い浮かべました。金萬は秋田県民のDNAに組み込まれていますしね。


秋田空港おみやげ広場 あ・えーるより

 

 

 

・・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・

・・・・

・・・・

・・・

・・

さなづらを知らないなんて!


元祖さなづら本舗 福寿より

秋田県民または全国各地に存在する秋田県出身者に告げたいです。さなづらを知らないなんて!さなづらは菓子舗榮太楼が手がける秋田銘菓です。

さなづらとは
愛され続ける老舗の味 ”さなづら”とは、山野に多く自生するぶどうの一種の方言です。木々も色づき秋も深まるとかわいらしい黒色の実をたわわにつけた、さなづらの房々が、赤褐色の葉の問々から顔をのぞかせます。
このさなづらを研究に研究を重ねて濃縮ジュースにし、甘みの加減、日持ちのことなどを考慮の上、この道何十年という老舗の菓匠の熟練した勘と冴えで天然の寒天と共にねっとりとゼリー状に固めて作り上げました。甘酸っぱく濃厚で、ワインのような深い味わいです。風味豊かな山の幸そのものの滋養菓と申せましょう。

 

さなづら、秋田でも案外知らない方多いです。筆者は幼少期からさなづらが大好物で、切らずに1枚一気に食べる「豪華食い」が堪らなく好きでした。
専用の木の小剣?で細かく切り込みを入れる「ブロック食い」も楽しみの一つでした。幼い私からすると”自分で切って食べるお菓子”は斬新でした。味は”至極の一品感”あふれるブドウのフレーバー。

さなづらを久しぶりに食べた感想

何年ぶりだろう..と考えながら包装をあけていたら、あることに気づきました。

 

 

「木じゃない!!」

私の記憶が正しいのなら「さなづらの切るやつ」は木製。今、目の前にあるのはプラスチック?(竹の柄)

秋田のさなづらも歳を経てバージョンアップしたに違いない!泣

今や一般人として生活する元アイドルが、友人のSNSによって素性を晒され(メディアにでるのは何年かぶり)、思いもよらない形でアイドルの成長を見届けてしまった気分!

そんなことを考えながらプラスチック竹ソードで入刀。

秋田銘菓さなづらの「ブロック食い」を試みた私は、一刀目で幼少期の思い出がよみがえる。

外見は変わってしまっても、中身はかわらっていないんだね。今まで応援してきてよかった。さなづらちゃんこれからも応援するよ!

謎のヲタ気質を滲み出しながら、ブロック状にした昔のままのさなづらを一口。

 

簡潔に伝えます。甘酸っぱく濃厚で、ワインのような深い味わいが秋田の大自然を感じさせます。最高です。

 

秋田銘菓さなづらの魅力

秋田銘菓さなづらの魅力ってやっぱり”切れる”ことですよね?これほど創造力を高められる秋田銘菓は存在したでしょうか、いや、さなづらしか考えられません(笑)

「コレ、知ってますか?スッ」と県外の方に渡し、いざ食した時は、さなづらのクリエイティブさに驚かれると思います(笑)

 

あと、お子様にもぴったり。秋田のお土産としても全然アリです。

「俺はこう切った!」

「私はこう切ったよ!」

はしゃぐ子供たちの姿が(幼い私のように…)イメージできます。ソウゾウリョクも高まるはず!

 

 

というわけで、秋田銘菓のさなづらうまし!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。