【いちじく屋】佐藤勘六商店のいちじく甘露煮が美味すぎて昇天。

どうもです。
秋田ブロガー・ライター・YouTuberの
じゃんごブログ編集長です。

昨日、「にかほ市のいちじく屋さん」こと佐藤勘六商店さんのいちじくの甘露煮をGETしました!今回はいちじくの甘露煮レビューをしたいと思います。

昔から大切に育てられてきたいちじくは、甘露煮として秋田の暮らしの中に浸透してきました。僕の実家にもいちじくの木があり、毎年ばっちゃが甘露煮を作ってくれます。だからいちじくは僕にとってもすごく身近なものなんです。

いちじくは「甘露煮」として食べるのが一般的ですが、「いちじくジャム」としても販売されていることがあります。どちらも甘くておいしいですよ!

【いちじく屋】佐藤勘六商店のいちじく甘露煮が美味すぎて昇天。


「いちじくの甘露煮」は、昔から秋田につたわる伝統的な食べ物です。秋田県にかほ市で「いちじく屋」として店を構える佐藤勘六商店は、生のいちじくの販売や昔ながらの秋田伝統の味である甘露煮を加工、販売を行っています。

今回は佐藤勘六商店の「いちじくの甘露煮」を入手したので、実際にどんな中身なのか、味はどうなのかなど、まとめていきたいと思います!


▲佐藤勘六商店の「いちじくの甘露煮」

開いたら幸せが訪れた

どんな中身なんだろう…

僕は自家製いちじくの甘露煮を食べたことがありますが、商品化されてるいちじくを一度も食べたことがありませんでした。だから、佐藤勘六商店のいちじくの甘露煮には相当な期待を寄せていたんです!

開いてみると….

なんということでしょう。

そこには「THE★いちじくの甘露煮」といわんばかりのたたずまいで君臨するいちじくたちが、ぎっしりと袋に詰められているではありませんか!!なにこのドッシリしている感じ。とにかくビンビン伝わってくるいちじくパワーが、僕の食欲をそそります。




「とろあま」いちじく

佐藤勘六商店のいちじくの甘露煮、一見自家製と同じような見た目なのですが、トロトロした煮汁のしっかりと甘みが、いちじく全体にしみわたっているんです!しっかりと!

トロっとした煮汁にしっかりと浸かっているいちじく…これは自家製で出すことができないとろあまです。煮汁も相当こだわりがあると思われる佐藤勘六商店のいちじくの甘露煮ですが、いちじくも良質なものだとわかる食感です。食べていて、気持ちがいい。

佐藤勘六商店のいちじくの甘露煮は通販で購入可能!


佐藤勘六商店公式HPより

佐藤勘六商店のいちじくの甘露煮は公式ホームページよりお買い求めいただけます!ちなみに、今回僕が食べたのは「いちじくの甘露煮500g」です。

甘露煮以外にも、「いちじくの甘露煮(赤ワイン仕立て)」や「いちじくジャム」なども販売しているので、気になる方がいましたらHPをご覧ください!

まとめ

いかがでしたか?

今回は秋田県にかほ市のいちじく屋さんこと、佐藤勘六商店のいちじくの甘露煮をレビューさせていただきました!にかほ市では毎年「いちじく市」という、いちじくをコンセプトとしたイベントなども行われています。

【にかほ市】2018年も「いちじくいち」で本当の秋田を体感しよう!

2018.09.05

【いちじくいち】いちじくパンが発売してるよ!たけや製パンとのコラボ商品カステラとクレープ

2018.09.22

秋田のいちじく、これからも魅力発信していきたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。