【揚げたて・作りたて・安い】ほっかほっか亭の弁当はやっぱり最強!車中飯にもおすすめ

本日は言わずと知れたお弁当屋さんのチェーン店「ほっかほっか亭」を利用しました。

最近では待たずにお弁当を購入できるよう、スマホで注文できるモバイルオーダーが使えるお店も増てきているみたいです(※対象店舗随時拡大中)。しかし今回筆者は電話もモバイルオーダーもせず、店内注文しました(お気に入りのラーメン屋さんに行こうとしたら定休日だったので…)

ほっかほっか亭のメニュー

ほっかほっか亭、さすがのチェーン店だけありメニューが豊富です。

定番メニューで美味しさ溢れる「のり弁当」をはじめ、部活動などで喜ばれる「スポーツ弁当」、ボリューム・スタミナ満点の「豚ロースのしょうが焼弁当」など、あらゆるシーンにあわせたラインナップが特徴ですね。子供に大人気の「すみっコぐらしべんとう」など、キャラクターとコラボしたお子用のメニューもおさえられています。

この記事を書いている2021年1月には、年明けの丑年ということもあり「牛すき焼弁当」、「牛すき鍋」が無料で肉盛(1.5倍)にできるサービスが実施されていました。また、2月からは「恵方巻」各種280円(税込)で販売されるなど、季節に合わせたメニューも販売しています。

モバイルオーダー注文で楽天ポイントGET!

スマホでほっかほっか亭のメニューを事前に予約できる「モバイルオーダー」。

2021年1月現在、ほっかほっか亭のメニューをモバイルオーダーで注文すると、楽天ポイントが30倍になるキャンペーンが実施されていました(期間:2021年1月14日~31日)。このサービスは期間限定ですが、今後もモバイルオーダーで簡単に注文できるサービスは継続されます。

筆者はモバイルオーダーを使ったことが無いので、これから使ってみようかなぁ…。

のり唐揚弁当を注文!

のり唐揚弁当 大盛 (470円 税込)

さてさて今回筆者がほっかほっか亭で注文したのは、「のり唐揚弁当(大盛)」。のり弁当にから揚げが1個入ったお弁当ですね。

のり弁当には「しょうゆ」が付いてきますが、このお弁当には「マヨしょうゆ」が付いてきます(しょうゆに変更可能)。そしてライスは大盛。プラス30円で大盛にできるので、お腹が空いてる長距離トラック運転手や、たくさんあいさつ回りをした営業マンなどにおすすめです。

このビジュアル、ボリューム、存在感…!!

巷でいわれる”宝石箱”とは、まさにほっかほっか亭の弁当だったと、この瞬間に気づきました。

マヨしょうゆの酸味がよくあう!

マヨしょうゆ、余るくらいの量がありました。なのでフライ、唐揚、ちくわの天ぷら、ほとんどの具材にかけてやりました!フライはサクサク、唐揚げはジューシー、つけあわせも最高です。

大盛なので、ごはんの量がすごかった。成人男性27歳の筆者でも、全部食べ終わるころにはお腹パンパン!…大満足のお弁当でした。やっぱりボリュームがあって美味しいほっかほっか亭のお弁当…最高です。

ほっかほっか亭安すぎる問題

よく考えるとほっかほっか亭のお弁当…めっちゃ安くないですか?いつも食べている「のり弁当」は360円(税込)、ボリュームたっぷりの「唐揚弁当」は540円(税込)など、本当に安い。しかも美味しい。

やっぱり「安くて美味い!」…というお店は、ほっかほっか亭のように生き残っていけるのでしょう。

車中飯にもおすすめ!

車の中でお弁当を食べる…というシーンは限られてくると思いますが、長距離トラックの運転手や営業マン、一人でごはんを食べたい方など、車中飯勢は少なからずいます。ほっかほっか亭はそんな車中飯をこよなく愛する方たちにおすすめのお弁当です。

車中飯を体験してみたい!…という方も、ほっかほっか亭のお弁当で車中飯バージンを捧げてみてはいかがでしょうか(←なにこれ)

作りたてだからサクサクであったかい

ほっかほっか亭の真髄は「作りたてのお弁当」にあります。

なんでも当店はお客様から注文を受けてから調理に入るため(揚げ物など)、受け取った際は文字通り”ほっかほっか”で、フライもサクサク。スーパーの総菜コーナーに陳列しているお弁当とは一味違うわけですね。スーパーと引けをとらないお弁当の安さなら、ほっかほっか亭のほうが1枚上手。

ほっかほっか亭ユーザーは、この違いに気づき、虜になっていくのでしょう…。

ぜひみなさんもほっかほっか亭のお弁当、注文してみてください!そこには長年培ってきたクオリティやほっかほっかな幸せが、ぎっしり詰まっているはずです!またいこ。

ちなみに秋田県では鶏めし弁当という、最強に美味しいお弁当があるので、気になる方はチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です