【ばけおに】東京で行われてる”なまはげ出前”が斬新すぎる

どうもです。じゃんごブログ編集長です。

 

本日は面白そうな出前サービスを発見したので、ご紹介していきたいと思います。

 

東京で行われてる
”なまはげ出前”が斬新すぎる


タイトル通り、東京では「なまはげ出前」サービスが話題を呼んでいます。

サービス名は

ばけおに

 

秋田県男鹿市の伝統行事「なまはげ」と同じ要領で、依頼者のお宅へ、ばけおに(なまはげ)が出向くみたいです。このサービスが受ける事ができる地域は「東京23区およびその近郊」です。

 

なまはげの出前?

なまはげ出張サービス「ばけおに」は、ただ依頼者のお宅へあがり、鬼のような形相で(鬼です)誰彼かまわず驚かす訳ではありません。

 

そもそも
「秋田のなまはげ」の役割は?

なまはげとは、秋田県が誇る伝統行事です。今日では秋田県の観光行事やPRコンテンツとして活躍しています。皆さんテレビなどで一度はみたことがありますよね?

そんな秋田のなまはげの役割は

家々を巡って厄払いをしたり、怠け者を諭したりすることです。

 

なまはげの出前サービス
「ばけおに」の役割は?

「しつけアプリ」の場合、親は子供を守る側にはなれません。

これでは、親子の絆を深めることはできません。

しつけも不十分に終わります。

スマホが普及し始めると、子育てアプリも続々と開発されました。”おに”関連の子育てアプリも登場しています。

秋田県のご当地ヒーロー・超神ネイガーは「鬼から電話(子育てアプリ)」に登場していたりします。

この「鬼から電話」というアプリ。

どのようなシーンで活躍するのでしょうか?また、どのような効果があるのでしょうか?

怒ってしまいそうな時、ほめたい時、親子のコミュニーケションを円滑にしてくれるお役立ちアプリが登場!

「おにから電話」を使えば、言い聞かせをしてくれるおにや、早くお風呂に入ろうと誘いかけたり褒めてくれる妖精から電話がかかってきて、子育てを楽しくサポートしてくれます。鬼から電話オフィシャルページより

スマートフォンアプリ「鬼から電話」は

  • 親子コミュニケーションの向上
  • 言い聞かせをしてくれる
  • お風呂に入ろうと誘ってくれる
  • 子供を褒めてくれる

という役割(効果)があるみたいです。

 

なまはげの出前サービス・ばけおにの役割は、「秋田のなまはげ」の役割や、「鬼から電話」の役割とは別の役割(効果)があります。



出前なまはげ
ばけおにサービス概要

「ばけおに」では

親に守られている安心感を重視します。

「親に守られる安心感」は「親子の絆」を深め、

しつけの入りやすい関係を築くのです。

 

東京23区で受けられる出前なまはげ、ばけおにの登場~終わりまでの流れをご紹介します。

①ばけおにが登場

「ばけおに」が部屋の入り口の戸をドンドンと叩きます。

お子様が音のする方に注目して身構えたところに、「ばけおに」が「ガオー!」と叫びながら飛び込んで来ます。

この段階で、ほとんどのお子様がパニック状態になります。

 

いきなり家に鬼…この状態って怖いですよね。

 

②「ばけおに」が僕を探しに来た!

「悪い子はどこだー」「太郎(お子様の名前)はどこだー」と叫びながら「ばけおに」が包丁(ニセモノ)を振り回します。

お子様は、「ばけおに」が自分を探しに来たと思い、必死に逃げようとします。

※お子様の状況を見ながら、「ばけおに」は声の大きさやお子様との距離を調整します。

 

③パパ、ママが、お子様を守る。

ここが一番大事です。

お子様の不安が和らぐように、しっかり抱きかかえてください。

また、「大丈夫、大丈夫」「いい子にしていれば大丈夫」とお子様に声を掛けてください。

決して、笑ったり、けしかけたりしてはいけません。

 

④説教

ご予約時にご記入いただいた「お困りごと」についての説教をします。

好き嫌いする子は、みそ付けて食べるぞー!」などと言いながら、「ばけおに」がお子様に攻め込みます。

 

⑤謝り、許されて終わる

お子様に「ごめんなさい!」「悪い子しません!」「許してください!」という言葉を大声で言わせます。

その言葉を受け、「ばけおに」は、「許してやる!」「いい子になれよ!」「悪い子したら、また来るぞ!」と言い残して、静かに去って行きます。※必ずこのような流れになるとは限りません。大まかなイメージとご理解ください。

 

「ばけおに」の流れは、動画で紹介されています。

 

サービス概要・ご予約方法など

ナマハゲは伝統的民俗行事ですが、

「ばけおに」は、しつけ支援サービスです。

また、「ばけおに」の場合、

お客様のご要望に沿って、しつけ支援することができます。

  • サービスの名称:ばけおに
    ※「ばけおに」は、サービス名であり、登場するキャラクター名でもあります。

サービスの流れ

1.<ご予約>
①最寄駅
②お子様のお名前
③お子様の年齢
④お困りごと
を書いて、「ばけおに」の訪問日時を予約します。

2.「ばけおに」訪問
ご希望の日時に、「ばけおに」がご自宅を訪問し、しつけパフォーマンスをします。

3.お支払い
鬼が去ったあと、5分程度で集金にうかがいます。(外で着替えて、うかがいます。)

 

料金について

●お子様が5名様まで
20,000円(税込)

●6名以上
お子様一人につき、プラス4,000円(税込)

 

対象年齢:3歳~5歳

3歳未満だと、ただ怖いだけになってしまいます。

6歳以上だと、演技を見破ってしまいます。

 

対応地域

東京23区、および、その近郊。

 

その他、「ばけおに」は心的、身体的な面での配慮やケガ防止にも努めていて、安心・安全な「なまはげ出前サービス」と言えるかもしれません。



【ばけおに関連記事】

泣ぐ子はいねがー!秋田伝統ナマハゲからヒント、子供の訪問しつけサービス「ばけおに」-live door newsより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。