【ふろぷろ秋田】秋田アドバイザーとしてお呼ばれしました!

どうもです。
秋田ブロガー・ライター・YouTuberの
じゃんごブログ編集長です。

 

2018年11月18日、

僕はアドバイザーになりました。

 

アドバイザーと言えば、経営方針や企画始動や途中の段階で「こうしたらもっと効率化を図れる!」とか「違いますね~ここをもっとこうしたほうが集客率があがります!」とかエラい顔してアレコレ言う、まさにそれです。

僕はとうとう、秋田のことについてアドバイスする人になってしまいました…。

しかも、秋田の未来を担う高校生へ向けて

Challenge Akita 2018 冬の陣

僕が秋田アドバイザーとしてお呼ばれしたのは、Challenge Akita 2018 冬の陣というイベント。いわゆる、高校生が考えたアイデアの発表の場です。

「秋田をこうしたら活性化できる」

「ワークショップを企画して課題を解決したい」

そのような思いがこもった企画を高校生がプレゼンし、僕を含めた数人のアドバイザーがアイデアやテコ入れを行う…といった内容になっています。

 

Challenge Akita 2018は「FROMPROJECT 秋田(通称:ふろぷろ秋田)」という学生団体(国際教養大学)が運営しています。

以前、ふろぷろ秋田について記事を書かせていただきました!

【高校生必見】秋田特化型の学び場 「ふろぷろ秋田」がアツい!

2018.07.26

参加していた高校生たちは秋田市だけでなく、各地域から参加していて正直驚きました。

ふろぷろ秋田の活動まとめ

高校生が企画考える

Challenge Akita 2018で企画プレゼン。アドバイザー(大学生・社会人・教授)からアドバイスをもらう※じゃんごアドバイザーとして参加

高校生自ら企画を実行する

 

高校生たちのプレゼン

今回初めて秋田アドバイザーとしてお呼ばれして、高校生が考案した企画を拝見させていただきました。

 

….

 

…….

 

 

みんな素晴らしい!!

 

 

「みんな素晴らしい!」という言葉でまとめてはいけないのですが、それくらい良かった。

まず高校生の段階で「秋田の問題」や「周囲の課題」に気づけている・注目できていることが素晴らしすぎるポイント。秋田にはたくさんの課題があります。その中で自分ができることを精査して企画していることに、僕は驚きを隠せませんでした。

そしてそれらを
大人たちの前でプレゼンすること。

これからの時代(ずっと前からだけど)、自分の考えを自分の言葉で伝える力ってすごく大事だと思うんです。SNSとかじゃなくリアルで。

ふろぷろ秋田の活動は

  • コミュニケーション力
  • 問題・課題発見
  • 現状把握
  • プレゼン力
  • 行動力
  • 人間力

など、これから社会で必要な事ばかり学べる場所でした。学生たちはほんとうにいい経験をしてると思う。もし入ろうか悩んでいる県内の高校生がいたら、是非連絡・相談してみるといい。




僕のアドバイス。

僕は秋田ブロガー・ライター・YouTuberです。そしてこれまでの経験を基にアドバイスできる(アドバイスできた)ことは以下の通りです。

  1. 独創力
  2. 行動力
  3. 拡散力
  4. 秋田県民の集客方法
  5. 夢追い方法
  6. 地域ブランディング
  7. セルフプロデュース

「〇〇力」という表現、あまり使いたくないのだけれど、めちゃくちゃ項数多くなるからいつか書きます。だいたいアドバイスをできたことをザックリまとめると「魅せ方」や「付加価値発掘の仕方」とかだと思います。

うまくアドバイスできたかな?

正直、こんな変な働き方のトンデモ人間から教えられることはあまりないと思っています。だって普通じゃないから。

でも僕は、
あえて普通じゃない生き方にこだわっています。

 

呼んでいただきありがとうございました。

ふろぷろ秋田の皆さま。

こんな僕を呼んでくれて
ありがとうございました。

そしてこの記事をもしかして読んでいる、
Challenge Akita 2018に参加した高校生たち。

高校生で秋田のコトや周囲のコトをこれだけ真面目に考えているのはあなたたちだけ。だから将来秋田で有名になったりすごい会社作った時はぜひ僕を使ってくださいませ一生懸命働きます何卒よろしくお願いしまぁす!!

 

こういう生き方もありでしょ?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。