ラッパーと秋田美人のインスタライブをみて人生変わった話。#らかんとしおり

どうもです。秋田ブロガー・秋田で収入0円生活中のじゃんごです。

特別企画でお世話になった秋田のラッパー・羅漢さんと、これまたブログで何度もご紹介させていただいている、秋田美人フリーアナウンサー・相場詩織さんがインスタライブを行うということで、視聴しました!

羅漢×じゃんごブログスペシャルインタビュー<前編>

2018.07.14

【購入必須】相場詩織2019年カレンダーの先行予約開始!

2018.08.02

 

ラッパーと秋田美人がトークするインスタライブ

タイトルにもつけた「#らかんとしおり」は、羅漢さんと相場詩織さんのインスタライブで、感想や質問ツイートをする時に添える「ハッシュタグ」です。

羅漢さん・相場詩織さんは、連日秋田メディアにとりあげられているお二人。今や秋田の若者代表といっても過言ではありません。

 

二人は何を話すのだろう…。

ラッパーと秋田美人の化学反応を僕は視聴せずにはいられませんでした。

 

ラッパーでも美人でもなく、
そこには秋田愛だけが存在した。

#らかんとしおり」のインスタライブが始まったのは、2018年10月23日の21時。

スケジュールアプリの音が鳴る。

21時インスタライブみる

僕は前々からお二人のインスタライブを心待ちにしていました。明日更新のブログ作業を中断して、慌ててインスタグラムを開く。

 

おっ!
みんなみてくれてる~♪

スマホから聴こえてきたのは、
なんとも耳障りの良い美声!

相場詩織さんのアナウンサー力と美貌にビビりながらも、羅漢さんのアットホームさに心癒される僕。

そして二人の自己紹介と、2人でインスタライブを始めたきっかけトークが一段落したところで、秋田のラッパーと美人がとんでもないトークを展開し始めたのです。

 

 

「私は秋田の皆さんにホント感謝していて~」

「秋田でラップをすることは~」

「秋田の良いところは~」

「秋田がホントに好きで~」

 

…なにこのインスタライブ!?

プロローグが終わるや否や、本編では二人とも「秋田のこと」しか話していないのである。

僕が思い描いていた
インスタライブとはまるで違った。

羅漢さんが変なギャグをたくさんしたり、相場さんのゆるふわアイドルトークが飛び交う、いわばエンターテインメント性豊かなインスタライブだと思っていた僕は、想定外の展開に心躍りました。

 

え、なにこれアツいじゃん。

二人は休む間もなく

秋田愛を永遠と語っていたのです。

約2時間も。




ピースがハマる場所で輝く

#らかんとしおり」のインスタライブは、秋田愛を分かち合えるお二人がガンガン熱いトークを繰り広げていました。

お互いの共通点は「秋田が好き」

それだけで秋田県民はアツくなれるし、地元愛を育むことができる。お二人の力強いトークに、何度もうなずかされました。

 

また、

秋田に貢献できているかわからない…将来の不安を感じている人たちへ、「適材適所」というキーワードを発信していたのが印象的。

”誰が秋田で1番輝けているか”とかではなく、自分が求められているところで輝けれいれば、秋田がもっと面白くなっていく。

 

秋田の将来を担うお二人の言葉は、自らのファンへ向けたのではなく、むしろ僕に対して発信していたんじゃないか!?くらいの錯覚を覚える程、メッセージ性がありました。

それぞれのピースが揃って一枚のアートが完成するように、秋田県民一人ひとりが適材適所で輝ければきっと美しい秋田になるに違いない。僕はそういうメッセージというか、生きる本質のようなものを体感したんです。

 

泣いたり笑ったりできる人間に僕はなる。

はじめて話すんですけど…

本音ですけど…

仕事やエンタメ、建前ではない、心からの会話が繰り広げられた約2時間のインスタライブ。大げさかもしれませんが、久しぶりに人間になれた気がしました

 

もっと本音で、心に枷をつけることなく、泣いたり、笑ったりできる人間に僕はなろうと決めました。

 

こんな記事を書けたのが嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。