ミスフレシュ2018が秋田美人だらけ。能上柊・員若狭愛里・大友美鈴

どうもです。じゃんごブログ編集長です。

 

2018年5月31日にJA全農あきたが手がける秋田県産青果物キャンペーンのPRをするキャンペーンガール、ミスフレッシュ秋田の委嘱状交付式が行われました。

 

じゃんごブログでは「【募集】ミスフレッシュ秋田2018」という記事を書き、応援させていただきました。

【募集】ミスフレッシュ秋田2018(4月24日締切)

2018.03.27

 

ミスフレッシュ秋田2018が決定

ミスフレッシュ秋田2018のご紹介をしていきたいと思います。みなさん超絶秋田美人です。

能上柊さん(20)

能代市出身で東京都在住の能上柊(ひいらぎ)さん。20歳という若さでミスフレッシュ秋田2018になりました!美しい!

 

若狭愛里(25)

若狭愛里さんは能代市の臨時職員のようです。




大友美鈴(21)

湯沢市の団体職員の大友美鈴さん。

 

委嘱状交付式の様子が動画で見れます。

秋田魁新報さんのYouTubeでミスフレッシュ秋田2018交付式の様子をみることができます。

ミスフレッシュ秋田に選ばれた3名の活躍に期待ですね。

JAのミス・フレッシュ秋田は、県産の野菜や果物、花などを県の内外のイベントでPRする役割を担っています。

 

ミスフレッシュ秋田2018の活動

ミスフレッシュ秋田は、6月21日早朝のサクランボの試食宣伝から活動が始まるようです。どこでやるかわかったら、じゃんごブログでも取材してみたいですね~♪

前のミスフレッシュ秋田には、AKT(秋田テレビ)の加藤未来アナウンサーも選ばれた経験があり、かなり注目度が高いキャンペーンガールとなっています。

 

いつも思うのですが…

このような「キャンペーンガール」という枠、公式でSNSの投稿をしてほしいです。折角、心もスタイルも完璧な美人さんを選出しておいて、どこで会えるのか、何をしているのかが正直わかりません(笑)

キャンペーンガールたちが所属するおおもとのSNSで、当日になって「今日は○○さんと○○さんが試食会をします♪」みたいな感じで投稿しておいて、なんにも告知になっていないと思うのです。

彼女たちの公式SNSを立ち上げて、事前告知や彼女たちに浸透する仕組みづくりをしていただけましたら、私のようなファンは飛びついて商品を買ったりしてしまうので…。

今のままでは”広告塔”なのに全然機能していないと思います(小声)

 

是非公式SNSを立ち上げていただきたい!

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。