【野球】秋田のキャラクターでガチ打順組んでみた

どうもです。じゃんごブログ編集長です。

 

夏の甲子園の熱狂が冷めやらぬ今日この頃。

筆者はふと思うのです。

 

各県のオールスター選手が集まった甲子園が見たい!」と。

都道府県代表の高校ではなく、都道府県代表の選手が出場する甲子園(大会)があったら、より都道府県で戦う認識が高まるし、本当の意味での日本一が決まるのではないか、と半ばどうでもいい事を妄想しています。

なので今回は、さらに妄想を発展させて、

秋田県のキャラクターで打順を組んでみたいと思います(笑)

勿論、全国に通用するように選抜していきます。

 

 

オーダー発表


オール秋田 スタメン

1【中】ノブ(ふるさと村)

2【二】んだッチ(ねんりんピック)

3【左】超神ネイガー(ご当地ヒーロー)

4【一】オモリン(大森山動物園)

5【右】スギッチ(秋田県マスコット)

6【三】ビッキー(秋田NH)

7【遊】ブラウゴン(BB秋田)

8【捕】ほっくん(北都銀行)

9【投】釣りキチ三平(漫画・増田町)

監督:ミーチュー(AAB)

マネージャー:おばこ娘(JA秋田おばこ)

 

1番センター「ノブ」

ふるさと村のマスコットキャラクター「ノブ」。犬の原型をとどめながらも二足歩行を可能にし、人間に近いという点で、1番打者に必要な「走力」「スピード」はチーム1。秋田の代表する観光総合施設を背負ってのスタメン起用です。

ちなみにノブくんはツイッター(@nobu_akifuru)もやっているので是非フォローしてみてください。

 

2番セカンド「んだッチ」

近未来から秋田をPRするためにやって来た、なまはげ型の子どもロボットです。秋田県庁HPより

<名前>
んだッチ
<性格>
明るく元気 秋田弁が好き ロボットなのに食べ盛りの食いしん坊
<趣味>
握手やハグなどみんなとの‘ふれあい’ 、みんなと友達になって秋田の良いことを伝えること
<性別・年齢>
なし

秋田県のPRを任された「んだッチ」。”なまはげ型ロボット”という点において「バント」や「進塁打」を任せるには適任。得意の処理能力で配球を読み、ラインぎりぎりに転がすバントを期待したい。オール秋田の”近未来”はんだッチにかかっているのかも!?

 

3番センター「超神ネイガー」

中軸を担うには、もってこいのご当地ヒーロー・超神ネイガー。

勿論、ネイガーの攻撃武器であるブリコガン・カマクラナックルは使用禁止。最大武器ともいえる「キリタンソード」を「バット」に替え、どれだけの打棒を繰り広げられるかが見どころ。

守備では、常に「大いなる秋田」を見つめているネイガーをセンターとすることで、選手間への適確なアドバイスを期待したい。

 

4番サード「オモリン」

4番には大森山動物園(ミルヴェ)の「オモリン」を抜擢。「正直、4番ネイガーじゃね?」という意見はわからないでもないが、オモリンを4番にする”魅力”が確かにあるのだ。

<オモリンプロフィール>

  • 住んでる場所:大森山のてっぺん(みんなの声を聞いて大森山のてっぺんからやってきた)低圧、低酸素、低温の環境がスタンダードなオモリンの地上での能力発揮が予想される。
  • ゆめ:全国のみんなに会うこと→オモリンのゆめを全国大会で実現させてあげたい!そんな彼の想いもくみ取り、スタメン起用。

大森山の期待を背負い、活躍に奮起してくれることでしょう!

 

5番ライト「スギッチ」

秋田県民認知度が上位の「スギッチ」。5番ライトでのスタメン起用です。言うまでもない県民からの信頼度は熱く、秋田国体のマスコットキャラクターを務めた実績から、スポーツの知識はピカイチであろう。

自身も、クリーンナップという打順を任されたプレッシャーを感じているようで、ベテランキャラとは見えない態度や姿勢でチームを引っ張っている。

スギッチは2017年11月29日で秋田県PRマスコットキャラの任期終了することが決定しており、最後に一花咲かせたいところ。

<関連記事>
Q&A:スギッチ引退するの?-秋田魁新報【電子版】

6番サード「ビッキー」

秋田ノーザンハピネッツのマスコットキャラクター。

身長182cm、体重82kgとガタイが良い。もともと”バスケ専門”だが、カエル特有の脚力できわどい打球もなんなく捕球してしまうことだろう。背番号は勿論「82」

7番ショート「ブラウゴン」

ブラウブリッツ秋田の公式キャラクター「ブラウゴン」。いわば”サッカー専門”だ。

期待することはバスケ専門・ビッキー(三遊間)との連携。「他の部活からヘルプで入ってもらった」ような即席三遊間の絆はきっと分厚く、ドラゴン×カエルの化学反応にも期待したい。

8番キャッチャー「ほっくん」

秋田県に本店がある北都銀行のマスコットキャラクター、ほっくん。

秋田県民の中では一番親しみがある選手であることには間違いない。オリジナルティッシュの無料配布、ほっくん貯金箱の配布など、常にファンを裏切らない姿勢が好評だ…。以上が繊細な「読み」と「戦略」が必要とされるキャッチャーに抜擢した理由である。ほっくんの配球は正しい!と誰もが口をそろえるだろう。

9番ピッチャー「釣りキチ三平」

「釣りキチ三平・山魚女群泳」矢口高雄氏原画

漫画から満を持して登板するのが、釣りキチ三平だ。

水面下にいる魚の様子を見逃さないかのように、打者への気づきも天才的であることは間違いない。強打者に対して決して力まず、小さな労力で打ち取る…まさに海老で鯛を釣る釣りキチ三平は投手適任といえる。



 

監督:ミーチュー

AAB(秋田朝日放送)の公式マスコットキャラクター、ミーチューがオール秋田の監督を務める。

監督に重鎮させておく理由はミーチューにはある。公式プロフィールを見てほしい。

 

<公式プロフィール 特技>

  • 耳型のアンテナで各地のニュースをキャッチできる。→相手選手の調子や戦略をキャッチすることが可能大。圧倒的優位に立てる。
  • マイクを使うと人間の心が理解できる。→選手たちの心を読むことで、適切なケアや指示が出せる。ただし、このチームに「人間」は1人も存在しない。

 

 

マネージャー:おばこ娘

JA秋田おばこのイメージキャラクター。お米のパッケージなどで活躍している。

選手間では、おばこ娘が握った「あきたこまち」のおにぎりを食べると、疲れがとれると噂されている。ちなみに、いつも差し入れ(食事)は「あきたこまち」

 

 

頑張れオール秋田!


今回オール秋田を勝手に選抜してみた率直な感想は、とにかく秋田の層が厚い!(バーチャルでもリアルでも)

これからも何年も愛されるキャラクター達に育っていって欲しいです!

筆者は秋田のキャラクターが大好きです。

 

 

※キャラクターにまつわるエピソードや性格等はすべてフィクションです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。