【秋田ブログ】私がやってる秋田ネタの探し方を教えます

どうもです。じゃんごブログ編集長です。

 

先日nyさんより

どうやって秋田ネタさがしてんのよ?

とご質問を受けました。

 

私は秋田ブログを書くにあたって
秋田ネタを執拗に集める…というより普段の生活で気になったことや感じたことを「Evernote」に書き殴ってブログで広げる…みたいなやり方がメインです。

今回はそれ以外の秋田ネタの探し方をご紹介したいと思います。みんなやってることばかりだと思いますが、月間3万PVも達成したことですし、折角なので!!

 

【ブログ】私がやってる秋田ネタの探し方を教えます


秋田ネタって多いようで少ない…

そう感じている方はいませんか?実は無限大なんです。なんでも秋田ネタになる。私はこのように探しています。

秋田魁新報【電子版】

このブログではたびたび、秋田魁新報【電子版】の文章を引用させていただいております!秋田魁新報【電子版】様のおかげで月間3万PVを達成できました!(大感謝)。

秋田魁新報は秋田の王道新聞社。
だいたいの秋田県民が見ています。

【電子版】といえども新聞と同じ内容がほぼ投稿されているので、新聞を取っていなくとも秋田情報を確認できるところがgood!

秋田魁新報【電子版】では秋田以外のニュースもとりあげているので、秋田のネタを探すときは、「秋田のニュース」というタグをチェックしています。


▲全部秋田に関する記事ばかり。

ここから、
私が得意な「秋田美人」というワードがあったらすぐ深堀りして記事をだします。笑

秋田魁新報の記事をまるまるパクってはいけません。なので、ニュース系サイトの記事を引用する際は「この記事(内容)、みんなどう思う?秋田のみんな!?」みたいなテイストで記事を書きます。

 

Googleで調べる

超基本的なことですが、秋田ネタをインターネット検索して探しています。

やり方はいたって簡単。

自分が書きたいテーマがある時、そのままキーワードを検索するだけ。

  • 「秋田 美人」
  • 「秋田 オープン」
  • 「秋田 クマ」

検索したら、[ニュース]の欄をクリックして最新情報をゲットします。やっぱり、ブログをやっていると最新情報を届けたいのでタイムリーな記事は必須です。

必要な秋田ネタを入手したあとは、秋田にとって新しいものや皆が知りたいことを把握した上で情報を精査していく作業になります。


▲オープン(タイムリー)情報はみんなが知りたいよね♪

 

ツイッターで秋田ネタ探し

本当に基本的なことばかりでお恥ずかしい限りですが、ツイッターで秋田ネタを探しています。本当に普通!

フォローしてる方の秋田情報はタイムリーなものばかりで非常に有益。さらには「秋田をどう思っているか」「(秋田ニュースやイベントなどに)何を感じたのか」をツイートしていると、「ほうほう…そんな考え方もあるな!」という塩梅で勉強になるのです。

私のツイッターのフォロー・フォロワーは圧倒的に秋田県民(秋田出身者)が多いです。こちらからフォローするのも意図的です。秋田のブログを書いてるのだから。

秋田ネタを発信しているのに、共通項をもたないターゲットへ発信(アプローチ)しても意味ないです(PV数を意識してる場合!)。それでは日産自動車の営業マンがスバルの車をセールスしてるのと同じ。”お門違い”にならないように意識してます。

秋田の話題は、まず秋田県民にみてもらわなきゃ!って考え方でやってます。

あと、ツイッターでは「Googleの検索」と同じ要領で「# 秋田」などとキーワードを検索し、新鮮な秋田の話題を入手しています。

 

秋田のイベントサイトでネタ探し

地方ネタを発信しているこのブログで必要不可欠なのは、イベント情報です。

Googleで「秋田 イベント」と検索すると、だいたい秋田県公式イベント情報サイトがトップに来ます。

例えば「あきたファン・ドッと・コム」などが有名です。このサイトを批判するわけではないですが、非常に見にくい。一発でズラァーっと情報が出てきて欲しい。サイトトップページから期間選択をして、エリア指定をして…という作業をしている暇は私にはない。

それでも、悶々としながら「あきたファン・ドッと・コム」で情報をこぞって入手していた時期もありました(今もたまにつかう)。しかし、私にぴったりのサイトを見つけてしまったのです。

本当は教えたくないけど。

 

秋田県イベント情報

実は、秋田のイベント情報をいち早く知りたいときは、王道のイベントサイトではなく、りあさん(@ria_cat)が運営している「秋田県イベント情報」にお世話になっています。


▲ここから下に10回くらいスクロールできます。

このサイト、本当にすごくて(使いやすくて最新情報も満載で)、かなりの頻度でチェックしているんです。「秋田のイベント情報」、どのように情報収集しているか私が気になるところです。

秋田3タウン誌をチェック!

大きく秋田では3つの地方紙がコンビニなどで販売されています。

秋田タウン情報(月間)

秋田タウン情報は、昨年くらいから秋田で販売されているタウン誌。「カフェ」や「グルメ」を中心に、毎月記事が組まれています。

表紙はこぞってインスタ映えを意識したもので、20代もターゲットとして構成されています。

若い人たち向けの情報が詰まっている1冊。

アンドナウ(月間)

アンドナウは落ちついた層(30~50代)をターゲットとしている秋田県南タウン誌。私は秋田県南在住ですので、いつも愛読しています。

カフェやグルメ情報は勿論、秋田のライフスタイルが見えてくる1冊。

秋田プレミアムあっぷる(月間)

なんといってもプレミアムあっぷるの見どころは「秋田美人情報」です。
毎月大注目しております!!

タウン情報やアンドナウと違うところは地元民の声を多数を紹介しているところが好きです(後ろの方のページ)。

プレミアムあっぷるは若者向けのタウン誌です。

 

タウン誌の有益な情報を見極める。

タウン誌から、
私が書きたい情報を精査&深堀りします。

例えば、書きたいテーマがや知りたい情報あったら、そのテーマのターゲットと合致したタウン誌を読み漁ります。

  1. 秋田タウン情報→インスタ若者系の情報
  2. アンドナウ→落ち着いた大人系情報
  3. あっぷる→秋田美人情報・秋田民の声(ニーズ発掘)

こんな感じです。

地方のフリーペーパーも読みます。また、市町村にしか発行されていないフリーペーパーは秋田全体にも発信されない情報が眠っているので、再価値発見が見込めます。私にとってフリーペーパーは宝そのものなんです

 

あとは、どれだけ秋田とじゃんごブログを意識するか。

結局、これが一番大事だと思います。

ネットの情報や地元ニュースは勿論、日常会話やフツーのツイートにも「話題」や「ニーズ」が潜んでいます。それらをいかに発見できるか(アイデアやネタとして見つけられるか)って、意識していなければムリ。

毎日記事更新しててわかったんです。

「好きこそものの上手なれ」の意味。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。