警察に命を救われました。

どうもです。じゃんごブログ編集長です。

 

書こうか書かないか迷ったやつ、

書きます。

 

先日、うどんエキスポに行った帰りのお話しです。

【湯沢市】うどんエキスポ2018に行ったら、秋田の将来が楽しみになった。

2018.10.01

 

警察に命を救われました。


私の移動手段は車です。

高校卒業と共に運転免許を取得。

大学では、当時バイト先の店長から原付をもらって、運転していました。

就職してからは車での移動が多くなり、安全運転を心がけ、現在まではゴールド免許。

 

そうです。

私は運転がうまい。

 

交通安全運動

秋田県は春先や秋の時期になると、交通安全運動が始まります。

この時期、よく見かけます。

警察に止められている車。

一時不停止・スピード違反・携帯使用…

様々な原因が考えられます。

 

警察車両と共に、路肩に止められている車を見ると「あ~交通違反したんだなぁ~」と、あたかも異世界人をみるような目をする私。

 

勿論、

私は運転がうまいので、
警察にお世話になるはずがない。

いつもそう思っていました。

 

右見たら警察。

国道から脇にそれた道を運転していました。

十字路を通り過ぎる。

ふと右手に警察車両が1台止まっているのが見えました。

 

なんで取り締まりしてるんだろう…?

 

頭上にクエスチョンマークを飛び出させ「まぁいいか。交通安全運動やってるからかぁ…ご苦労さんです!」というように、警察へねぎらいの言葉を送った私。

サイドミラーで警察車両を確認すると、赤いランプを点滅させて、私の後を追ってきました。

 

そこの車、止まりなさい。

 

間違いなく警察車両は私の車に対して、そう呼びかけてきました。

何もしてないのに。

間違い?

 

私はゴールド免許。

私は車の運転が上手い。

さらに、雪国で育った私からすれば、大雪時の運転なんておちゃのこさいさいである。

その証拠に、免許証の色はゴールド。

誰も文句のつけようがない。

勿論今回も、警察に止められる筋合いは甚だない。

 

一旦、車を止める。

警察が私に近づいてくる。

 

あそこ、一時停止の標識あったけど、見てなかった?

 

全身に衝撃が走る私。

それと同時に、すべてを悟りました。

 

あったんだ、一時停止。

 

完全に見逃してました。
ごめんなさい。




過信と安全

運転講習の際、教官から耳にタコができるほど教えてもらったことを、私は完全に忘れていたのです。忘れていたというか、軽く見すぎていた。非常に馬鹿極まりない。

「運転がうまい」だの「ゴールド免許だ」だの、それは私の過信です。完全に馬鹿。

不幸中の幸いでは無いが、他人を事故に巻き込んでしまうようなことが無くて良かった。

 

”絶対大丈夫”が運転に影響した今回、

私は警察に救われたと思っています。

 

よく、

警察も点数稼がなきゃいけないから、ネズミ捕りしなきゃいけない。

みたいなことを耳にします。(世間話で)

(ネズミ捕りに関して)【警察=市民の敵】のような表現をされます。しかし、私が警察に声をかけられた時、ホッとした気持ちが生まれたのは事実です。

 

警察に止められてなかったら、死んでたかも知れない。

もし、

あの十字路で左右から車が来ていたら?

また通るときに無視したら?

止められていなかったら?

 

もし、警察に止められていなかったら、私はまた過信して交通違反を犯していたかもしれない

最悪の場合、死んでいたかもしれない

罪のない誰かを巻き添えにして。

 

今日、反則金7000円を納付してきました。

今後、交通事故を起こさない為の自戒というか、勉強代のような意識で納付してきました。

 

運転をする際は

今まで以上に気をつけたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。