【大仙市】5つの酒蔵がコラボした日本酒ブランディングプロジェクトが始動決定!

じゃんご
大仙市の酒蔵・酒米農家を応援しよう!

2020年11月17日、「大仙市産米で醸す日本酒ブランディングプロジェクト」が始動します。本プロジェクトは新型コロナウイルスの影響により、売り上げが減少した酒蔵・酒米農家のV字回復を図るために企画されたもの。

プロジェクトに参加するのは、秋田清酒(刈穂酒造)、金紋秋田酒造、鈴木酒造、出羽鶴酒造、奥田酒造店の5酒蔵。

プロジェクト実施期間は2020年11月17日(火)~12月23日(水)まで。

目標金額は1,190,000円で、集まった支援金は大仙市の日本酒を全国のみなさんに知っていただき、より多くのみなさんに飲んでいただけるようなPRにつながる活動に使われます。また、プロジェクト支援者には「大仙市酒蔵統一コレクション 日本酒セット(720ml×5本、300ml×5本)」などが返礼品として用意されています。

プロジェクト詳細や支援ページは11月17日以降にクラウドファンディングサイト「READYFOR(レディーフォー)」にて公開される予定です。

プロジェクトまとめ
  • プロジェクト名
    大仙市産米で醸す日本酒ブランディングプロジェクト
  • 実施期間
    2020年11月17日(火)~12月23日(水)
  • 目標金額
    1,190,000円
  • 支援金の使い道
    大仙市の日本酒を全国にPRするための活動費
  • 返礼品
    大仙市酒蔵統一コレクション 日本酒セット(720ml×5本、300ml×5本)など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です