秋田県立大学生が共同開発したクラフトビール「Bls’17~premiere~」が飲みたい!

 

どうもです。じゃんごブログ編集長です。

 

冷え込む秋田の夜をほっこりさせるニュースがありました。

秋田県立大の学生有志が、かんきつ系の風味と鮮やかな黄金色が特徴のクラフトビール「Bls(ブルス)’17~premiere(プルミエール)」を商品化した。

羽後町でクラフトビール製造を手掛ける「羽後麦酒(ばくしゅ)」との共同開発。学生たちは「飲みやすく爽やかな味わいを楽しんでほしい」としている。秋田魁新報【電子版】より

 

クラフトビール!!

飲みたい!!

 

Bls’17~premiere~


株式会社 羽後麦酒×秋田県立大学生有志により開発された「Bls’17~premiere~

「大好きな羽後町を元気にするきっかけを作りたい!」。そんな想いを胸にふるさと羽後町に新しいビール工房を立ち上げた羽後麦酒さんと、学生ならではの自由な発想がマッチング。

ジューシーで飲みやすい香りの良いクラフトビール。「苦いから嫌い」というビールの印象を、クラフトビールの特性を活かした商品になっているようです。

あぁ、飲みたい。

ところで、「Bls’17~premiere~」、「’17」の読みは現在のモーニング娘。方式でいいのかな?ワンセブン?




Blsプロジェクト

Bls (Brewing by local students)プロジェクトとは、地方学生による醸造プロジェクトです!

地方学生が主体となり、地域の資源を活用してビールを造ります。

現在は秋田県立大学の学生で活動しています。-ツイッター@Blsproject

クラウドファンディングにて34600円の支援を受け、クラフトビール造りを成立させています。学生たちの気合。すごい!

学生考案のクラフトビール「Bls’17~premiere~」は秋田市周辺のスーパーなどで販売されており、売れ行きも好調のようです。

 

最新情報・今後の販売予定につきましては下記サイトを確認してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。