県民なら一度は飲んだことがある「パックされてるりんごジュース」は格別。

どうもです。
秋田ブロガー・ライター・YouTuberの
じゃんごブログ編集長です。

みなさん「りんごジュース」を飲みますか?

秋田県内で「りんごジュース」といえば、パックされてるりんごジュースを思い浮かべるのではないでしょうか?

秋田県は2017年の秋田県のりんご生産量は全国で6位。そんな秋田県でつくられるりんごジュースは格別に美味しくて、長年愛されている商品なのです。

 

県民なら一度は飲んだことがある「パックされてるりんごジュース」は格別。


秋田県にはあらゆるりんごジュースがある

全国でも有数のりんご生産県である秋田県では、あらゆる企業のりんごジュースが販売されています。

そしてよく見かけるのが、パックされているりんごジュースです。

各地で製造されている

大仙市にある新鮮で郷土食豊かな地場産食材を扱う「しゅしゅえっとまるしぇ」では、5種類ほどのりんごジュース(もちろんパック)が販売されていました。

主に見かけるのは果樹園グループやJAなどのりんごジュースですね。秋田県民なら一度は飲んだことがあるのでは?

今、大森の「我が家のりんごジュース」が筆者の手元にあるのですが、非常に懐かしさを感じています!

 

パックされていなければ秋田のりんごジュースではない。

よく祖父や父の「たばこ(秋田の方言。外仕事の休憩のこと)」の時間に秋田のりんごジュースを飲んでいました。

「たばこだぁ~」って、ばっちゃが持ってくるんです。たばこの時間は決まって秋田のりんごジュース

ほとんどの場合、細長いストローがついてくるんですよね~。みんなチューチューしながら、秋田のりんごジュースを飲むんです。

ちょっと前までは、ガソリンスタンドでもらうティッシュBOXと同じ感じで、パックされてるりんごジュースをGETできましたよね?(JAスタンドだっけ?すみません曖昧です)

 

即冷え!縦置き可能!考え抜かれたパッケージ!!

まがしてもそんなに被害はない。

今考えるとパックされてるりんごジュースって、めっちゃ素晴らしい商品だと思うんです。

冷えるまでの時間。
りんごジュースを冷やす際、ボトルタイプとパックタイプではどちらが冷えるのが早いでしょうか…完全にパックタイプのほうが早いですよね?

パックタイプのりんごジュースは、早く冷やすことができる(保冷持続効果もある)から素晴らしい。シャーベット状にするのにもてこずりません。

 

置き方」にも注目してみましょう。

一見、フニャフニャで縦置きしにくそうなパックタイプのりんごジュースですが、実はこのパック…どっしり自立するのです!

なぜ自立するのか?
それは底面をみればわかります。

絶対自立するようになってる!

どうですかこの底面!
中のジュース容量がいくらであっても、しっかりと自立するような設計がされているんです!すごくないですか?

25歳にして、改めてパック製品の高質さを目の当たりにしました!!!!(真面目)



秋田で秋田を体感しているか?

やっぱりこの手のりんごジュース、外で飲むと一番おいしさが膨れ上がる気がするんです。

今日は晴れていたので、
外で飲んでみることにしました。

コップと氷を用意して、すこし贅沢に。

優雅だ。

…..

あぁ、なんか懐かしいな~
もうすぐ田植え始まるな~
秋田って最高だなぁ~

…なんてことをアホ顔抜かしながら考えてました。

平和で幸せな気分…

もちろん、りんごジュースは格別においしい。

 

秋田で秋田を体感するって、
本当に素晴らしいことだよな。

このりんごジュース、
ジジイになっても飲みたいな!

 

以上です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。