【激レア】秋田オーパにダンゴムシガチャが設置されたみたい!

どうもです。
秋田ブロガー・ライター・YouTuberの
じゃんごブログ編集長です。

今回は秋田県秋田市にあるファッションビル・秋田オーパに「ダンゴムシガチャ」が設置されたようなので情報をまとめていきたいと思います。

秋田オーパといえば筆者は以前、秋田オーパのスイパラで全メニュー制覇できるかというバカ企画を展開しています。良ければご覧ください。

【レポ】秋田オーパのスイパラで全メニュー制覇できるか?

2017.11.29

【激レア】秋田オーパにダンゴムシガチャが設置されたみたい!



リンク

現在、秋田県秋田市にある秋田オーパにて、首都圏では入手困難となっている「ダンゴムシガチャ」が設置されています。

ダンゴムシガチャとは?

ダンゴムシガチャとは、リアルなダンゴムシを細部まで忠実に再現された衝撃的なスケールのガチャガチャ

以前、日本を代表するYouTuberのはじめしゃちょーも、自身のアカウントでレビュー動画をアップしています。

今や首都圏では売り切れ続出・入手困難となっている「ダンゴムシガチャ」はバンダイのオリジナルガチャ。その奇妙なフォルムとスケールには大人から子供まで魅了されています。

ダンゴムシガチャの再現度

秋田オーパに設置されている「ダンゴムシガチャ」は、そのリアルな再現度に注目が集まっています。ダンゴムシガチャは成虫のダンゴムシをモデルとしており、足は14本。頭部も忠実に再現され、触覚やヘッドシールドまで本物そっくり。

ダンゴムの殻は通常は重なり合っていて、背中を曲げると重なりが引き出されて丸い形に変化します。

バンダイはダンゴムシの特徴や構造を徹底的に研究・試作を繰り返して2年もの歳月を費やしたそうです。ダンゴムシガチャに懸ける作り手の情熱が伝わってきますね。

ダンゴムシガチャは「カプセルレス」

秋田オーパに設置された「ダンゴムシガチャ」はカプセルレスで排出されてきます。

普通のガチャガチャはカプセルに入っていますが、このガチャガチャはカプセルが無い状態で排出されるということです。

ダンゴムシが丸まっている状態で排出される様はまさにリアルダンゴムシそのもの。そんな斬新なアイデアもダンゴムシガチャの魅力かもしれません。

背中を広げ、歩行スタイルにすると全長は約140ミリ。ちょうど手の平を覆うくらいの大きさです。

ダンゴムシガチャを知らない人に見せたら、その再現度と大きさに驚いてしまうかもしれません。




1回500円のレアガチャ

「ダンゴムシガチャ」の料金は1回500円(税込)となっています。普通のガチャガチャと比較すると高めの値段設定ですが、再現度やスケールを考慮すると安すぎる値段かもしれません。

首都圏では入手困難な激レアガチャ「ダンゴムシガチャ」をぜひゲットしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

首都圏でも入手困難・売り切れ続出の「ダンゴムシガチャ」は現在、秋田オーパ7Fヴィレッジヴァンガードにて展開中です!学生さんや買い物ついでにオーパへ行く方、この機会をお見逃しなく!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。