【不思議】読み方が違う”秋田のモノ”まとめ

どうもです。じゃんごブログ編集長です。

本日は秋田の不思議をご紹介します!

 

秋田犬の話。

ザキトワ選手のおかげさまで、人気が高まった秋田犬。この「秋田犬フィーバー」はまだまだ続いています。

秋田県が平昌冬季五輪フィギュアスケート女子で金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ選手に贈った秋田犬のぬいぐるみが人気を集め、在庫が底をついた。(2018.3.15)毎日新聞より

筆者が先日訪れた秋田空港で見つけた「秋田犬ぬいぐるみ」が在庫切れみたいです。

あの時いっぱいいたのに!

アキタケンの愛くるしい表情と、凛とした立ち姿のギャップがたまらない…。

大好き!アキタケン!

・・・

・・・・・

・・・・・・・

 

 

チョッと待った!!

茨城県民が「いばら『き』!」と強調するようにご指摘させていただきます。

 

秋田犬の読み方は

アキタケン

ではなく、

アキタイヌ」です!

 

「アキタケン(犬)」としたほうが声を出しやすい感じはしますが、実は「アキタイヌ」と読みます。筆者が幼い頃は「アキタケン!アキタケン!」と盛大に間違っていました。ごめん!

このように、読み方が違う(間違いやすい)秋田のモノは他にもあります。

 

桜で有名な角館町

桜で有名な角館町の「角館」

皆さんはどのよに読みますか…?

 

 

 

 

「かくのだて」

ですよね?

「かくのだて」が正解なのですが、秋田県民は読み方が違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

秋田(地元)の人は

「かくだて」

と読みます(言います)。

 

 

・・・

・・・・・

・・・・・・・・

 

 

Why?! Japanese people!!!

 

 

 

どうして正式な読み方をしないのでしょう?笑

筆者も幼い頃から「角館」は「かくだて」と読んでいたし、筆者のじっちゃんも「かくだて」と言うくらいだから、ずっと前からその読み方は地元で浸透してるみたい。




 

読み方はいろいろあるぞ

「角館」を「かくだて」と読むように、

その土地やエリアでの、モノやコトの”読み方”は違うこともあるかと思います。

今回ご紹介した他にも、秋田では「大曲中学校(おおまがりちゅうがっこう)」を「曲中(きょくちゅう)」と読んだり、「大曲高校(おおまがりこうこう)」を「ガッタ」と読んだりします。「ガッタ」に関しては諸説あるようですが。

 

正解じゃない読み方を、地元ではあたかも正解のように読まれている事が不思議で、ご紹介させていただきました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。