【除雪まとめ】「雪下ろし転落事故」を防ぐために確認しておきたいこと。

どうもです。
秋田ブロガー・ライター・YouTuberの
じゃんごブログ編集長です。

 

本日、この記事を投稿した日はクリスマスです!!

皆さん、クリスマス楽しんでいますか?平成最後のクリスマス、悔いのないよう?楽しんでくださいね♪

 

…そんなパーティー気分も一変、秋田県では大晦日に向けてグッと気温が低下し、降雪の予報がされています。

今年は雪が少ないから安心
と一息ついていたそこのお父さん!

必ず雪下ろしをするときが来ます。

 

秋田県内では12月に入り、雪下ろしの転落事故が相次いでいます。今月の事故数は10件。そのうち9件が高齢者が死傷しているという現状です!

今回は「雪下ろし転落事故」を防ぐために確認しておきたいことをまとめます。

雪国秋田に住んでいる人からすると、当たり前のことかもしれませんが、今一度、雪下ろしについての知識を確認しておきましょう。

 

雪下ろし・除雪は2人以上がベスト

雪下ろし・除雪で注意したいのが、

一人で作業しないことです。

 

除雪作業はたくさん身体を動かすのに「作業」と認識されてしまいます。

雪下ろし・除雪は全身運動なのです!

 

まずは、めっちゃ身体動かすからスポーツと同じくらいの運動量と考えたほうが良いかもしれません。

ましてや高齢者にとって、雪下ろし・除雪作業は過激な運動です。

朝早くから作業することが多いかと思いますが、十分な体調管理と水分補給が必要です。

 

そして大事なのは、

一人で作業しないこと。

 

一人で屋根に登って雪下ろし…

秋田で結構見かけます。

ですがもし転落した時、思わぬケガをしてしまった時のことを考えると2人で作業するに越したことはありません。

中には「除雪する人がいないんだからしょうがない!(一人でやるしかない)」という方もいるかもしれません。

その時は命綱やヘルメットを着用して、万全の対策をとって雪下ろし・除雪をするようにしてください。

 

屋根から落ちてくる雪に注意

屋根に積もった雪を下ろしたいとき、足場を作るため屋根の雪を下ろしますよね?(地上から屋根に向かって屋根の雪を下ろしますよね?)

その時の

屋根から落ちる雪に注意です!

 

「屋根から落ちてくる雪」は、目視している雪量以上に落ちてくる可能性があります。僕も経験したことがありますが、屋根の雪が落ちるときって雪崩(なだれ)に近いイメージで落ちてくるときがあります。

雪が濡れて重くなっていたらさらに危険。自分も飲み込まれて埋まってしまいます。高齢者は脱出不可で「生き埋め状態」になってしまいます。

…発見するのが遅かった

…二人で作業しておけばよかった

そんなタラレバ、通用しません。




雪下ろし・除雪の際は命綱やヘルメットは必須

除雪事故で一番死亡率が高いのは、
屋根からの転落死です。

転落死しているほとんどが「命綱」や「ヘルメット」などの着用を着用していないみたい。

さらには2階より1階屋根からの転落率が非常に高い数値がでています。

 

屋根が低いから大丈夫

慣れているから大丈夫

そんな過信が命取りとなります。

 

雪下ろし・除雪作業をする際は「命綱」や「ヘルメット」などを着用するようにしましょう。

 

まとめ

雪下ろし・除雪作業は簡単に見えて技術が必要です。そして、命にかかわる危険性があります。

屋根に上るとき、長靴の裏に雪がついていて滑って転落…といった事故もあるそうです。ほんの些細なことでも、注意が必要となります。

 

毎年、雪下ろし・除雪作業での死亡事故は必ず起きています。

注意を怠らないようにしてください!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。