秋田県民歌を知らない、秋田の大人に会ったから、

僕は秋田を発信する。

「知らない」なんて、正直、恥ずかしい。


じゃんご
じゃんごブログを始めるキッカケをご紹介します。

 

同じ秋田出身の先輩(40歳・男性)との、世間話…

 

「秋田出身の歌手、凄い活躍ですよね~。最近で言えば、高橋優とか。」

 

先輩「確かになぁ。 藤あや子とか、ぎばちゃんとかもな。」

 

「まさに、”詩の国”(しのくに)ですね!」

 

先輩「なにそれ?」

 

 

…..このブログを始めるきっかけです。

僕が先輩に言った「詩の国」とは、秋田県民歌の歌詞の一節。

若い人ならまだしも、年が離れている人生の先輩なら意味は伝わるだろうと思っていました。

結果的に「なにそれ?」と一蹴されてしまいました。

 

僕はショックでした。

秋田県民歌と言ったら、学校の授業でも一度は歌います。

【全国花火競技大会 大曲の花火】でも扱われる県内では超有名曲。

歌えない人はいないくらいの認知度だと思っていたから、なおさら。

 

 

 

秋田県民が「楽しく秋田を学べる場所」を作ろう。


23歳の僕は、そう決心しました。

僕が運営する【じゃんごブログ】では、秋田に関する、グルメ・カルチャー・最新情報を”楽しく”更新しています。ちらっと覗いてみてください。

 

 

 

秋田に貢献したい!…けど、何をしたらいいの?


「人口減少」

「県外へ若者流出」

「高齢社会のトップランナー」

これが秋田県の最新キーワードです。

キーワードを見ていると、秋田の若者に未来がないのでは?と疑問視してしまいます。

 

だめじゃん、秋田。

だめなのは、秋田県民全員知っています。

ですが、「なんとかしなきゃ!」と思っている方たちを僕はたくさん知っています。その「なんとかしなきゃ!」の一員でもある僕は【ブログ】で秋田に貢献しています。

 

 

秋田県民に伝えたい事。


ここまで読んで下さった方に、お伝えしたい事…

 

秋田県って、なにやってるかわからない。

冒頭での会話、「詩の国」もそうですが、意外と秋田県ってなにやってるかわからないんです(笑)

例えば、秋田でしかできないイベントであったり、地元のおばちゃんたちが売り出す新商品(超ウマかったりする)って、完全に告知不足なんですね。秋田魁新報(新聞)さんでも取り上げられません。

それって、価値のある事なのに、すごく勿体ない事。

 

”なにやってるかわからない”から面白い!

秋田県に住んでいても、秋田の事をわからない。

だから秋田の魅力って、すごく眠っていると思うんですよね。実際に僕が足を運んで体験することで、秋田の魅力を発掘できると思っています!