【東京・代々木公園】あきた納豆フェス情報

どうもです。じゃんごブログ編集長です。

2017年10月13日(金)から10月15日(日)までの3日間、東京・代々木公園にて「あきた納豆&発酵フェスwith 秋田のうまいもの」が開催されます。

 

あきた納豆フェスって?

昨年まで「秋田・茨城 発酵食イベント 納豆フェスタ」として開催されていたイベント。県が消費拡大を図ろうと、県が茨城県と2015年から開いてきたイベントを引き継いで実施。

県内の食品製造・販売会社やデザイン会社などでつくる実行委員会(実行委員長・山田清繁ヤマダフーズ会長)の主催で、今年3回目となる納豆&発酵食品の祭典です。

秋田が発祥の地という伝説も残る”納豆”をテーマに『納豆』と秋田の多彩な『発酵食品』が代々木公園に集結。
昨年は『納豆』をはじめ、秋田名物の山菜やキノコがたっぷり入った『納豆汁』、秋田が誇る『日本酒』、いぶりがっこ等の『漬物』、『味噌』、『クラフトビール』などの試食・販売ブースが立ち並びました。

 

納豆フェスの様子

当日は、秋田名物「納豆汁」も販売しているようで、毎年大人気。その他納豆はもちろん、秋田の食に行列ができています。

 

 

 

特設ステージ


▲第2回のステージスケジュール

昨年は、秋田のなまはげと一緒に記念撮影ができるサービスや、タレントの加藤夏希さんらの発酵食にまつわるトークライブなどが会場を盛り上げたようです。

また、茨城県出身代表タレントとしてキャスティングされた吉川友さんが納豆カラーでコーディネートした衣装で登壇するなど、豪華な演出も多数。


加藤夏希オフィシャルブログより

ポニーキャニオンHPニュースより




代々木公園で“納豆の祭典”


東京では入手困難なレア納豆など、多彩な発酵食品を堪能できるイベント。昨年までは茨城と合同で開催されていましたが、今年は秋田県オンリー。都会暮らしの秋田県民はなつかしさを感じることができると思います。いきたいー!!

 

発祥は?起源は?納豆戦争に決着をつけようと思う。

2017.09.06

 

じゃんご
納豆食べればいい日になる!都会の皆さん、レポ待ってます。

 

あきた納豆&発酵フェスwith 秋田のうまいもの

  • 会場 代々木公園イベント広場
  • 最寄駅 原宿/ 明治神宮前〈原宿〉/ 代々木公園/ 代々木八幡
  • 平成29年10月13日(金)~15日(日)の3日間
    13日14:00~16:00 商談会 16:00~20:00 前夜祭
    14日11:00~20:00 本イベント
    15日11:00~18:00 本イベント
  • 料金・費用 入場無料
  • 主催:あきた納豆&発酵フェス実行委員会
    後援:秋田県、秋田銀行
    特別スポンサー:ヤマダフーズ株式会社
  • オフィシャルサイト:あきた納豆&発酵フェスwith 秋田のうまいもの公式フェイスブック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。