美郷町の写真撮影スポットなら「ラベンダー園」がおすすめ!

どうもです!秋田ブロガーのじゃんごブログ編集長です。本日は6月上旬頃から開園した「美郷町ラベンダー園」に行ってきました!

この記事では、秋田県のおすすめ写真撮影スポット「美郷町ラベンダー園」を紹介しています。

「美郷町ラベンダー園」は写真撮影スポット!

美郷町ラベンダー園とは、秋田県美郷町の大台野広場内にあるラベンダー園です。なんと約2ヘクタールあるこの土地には、2万株ものラベンダーが咲き誇ります。

美郷町でラベンダーが咲く時期は初夏。この場所のラベンダーが咲くと「あぁ、夏がきたな。」と感じることができます!

毎年ここで開催される「ラベンダーまつり」の期間中は、ラベンダーグッズの販売をはじめ、地元の観光キャラクター・ミズモのグッズ販売やグルメ出店がされています。

美郷町のラベンダー園は、一面に広がるラベンダーをバックに写真撮影ができることから、「美郷町屈指の写真撮影スポット」とも呼ばれています。

 

白いラベンダー「美郷雪花」が見れる

なんと美郷町ラベンダー園では、みなさんがよく知っている「紫色のラベンダー」のほかにも、「白色のラベンダー」が咲き誇ります。

実はこの白いラベンダーは、美郷町オリジナル品種で「美郷雪花(みさとせっか)」という名前がつけられているんです!

「美郷町で写真撮影スポットを探している!」…という方は、珍しい白いラベンダー・美郷雪花を写真にあしらえてみてはいかがでしょうか。

ちなみに美郷町では、美郷雪花を活用した「ルームフレグランス」や、酵母を使用した「純米吟醸 美郷雪華」が販売されています。園内の売店や湧太郎にて購入することができますよ。

美郷雪花とは?

白色ラベンダー「美郷雪華(みさとせっか)」誕生のきかっけは、平成 17 年 6 月まで遡ります。美郷町ラベンダー園内の「さきがけ」という品種の一部に白っぽい花が見つかりました。

この白っぽい花に「挿し穂」という手法を用いて株の増殖を試みたところ、白色のラベンダーが花を咲かせ、 2 カ年にわたるその後の調査でも品種として安定していることが確認できました。

“美郷の初夏に美しい雪の結晶(雪華)が見られるように”との思いから名付けられた「美郷雪華」。毎年可憐な花を咲かせ、美郷町ラベンダー園を訪れる人々の目を楽しませてくれます。

ラベンダー酵母で作ったお酒!
商品名 秋田 奥清水 純米吟醸 美郷雪華 720ml
価格 2,002円(税込)
その他 原料米 / (麹)美郷錦・(掛)美郷錦
味のタイプ / (香り)芳醇・(味わい)淡麗
精米歩合 / 38%
アルコール度数 / 16.40%

摘み取り体験ができる

美郷町ラベンダー園では、ラベンダーの摘み取り体験をすることができます。摘み取りは有料で300円(2019年時点)。

摘み取ったラベンダーは、ポートレートのアイテムとして活用するもよし、写真撮影用として持ち帰るもよし、自宅に飾るのもよし。

せっかく美郷町を訪れたなら、お土産としてラベンダーを摘み取るのもいいですね。

美郷町ラベンダー園・ラベンダー種類
  • 美郷雪華(みさとせっか)
  • 濃紫早咲(のうしはやざき)
  • サキガケ
  • ナナ成沢
  • オカムラサキ
  • スーパーセビリアンブルー
  • ラバンディン

 

見ごろは6月中旬~7月上旬

美郷町ラベンダー園の見ごろは、毎年6月中旬~7月上旬とされています。「ラベンダーまつり」が開催される期間もこの頃です。

美郷町の公式ホームページではライブカメラがありましたが、2020年4月現在、いつまで経っても「アクセスが集中しています。しばらくしてから実行してください」という画面が表示されてしまいます。

見ごろの情報をいち早く知るには、美郷町公式ツイッター公式Facebookをご確認ください。

 

おまけ:遊具のある公園もあります

美郷町ラベンダー園には、遊具の設備も充実していました。広い公園で遊具であそぶ我が子を写真撮影…なんてこともできちゃいます!

園内・公園共に入場は無料なので、無駄なお金をかけず観光・写真撮影ができるスポットです。

 

 

 

道端にアジサイもありました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です