【妄想】秋田に超巨大テーマパークができたから行ってみた!#1

どうもです。じゃんごブログ編集長です。

 

私は毎日お風呂に浸かります。

いつも女の子の如く?ジップロックにスマホを入れ、YouTubeをみたりHuluをみたり…かれこれ2時間も入浴ていることも!手足ならず体全体がシワシワになってしまうほど入浴しています。いいすぎか(笑)

そんな私の入浴タイムは、

妄想タイム

という嗜好の時間でもあります。

この前、「こんな秋田のテーマパークが欲しい!」について、かれこれ2時間程妄想(時間を無駄に)してしまったので、この場で妄想を発表したいと思います。

誰の為になるのか、有益な情報か、などは一切考えずに発信します(堂々)

妄想の世界へようこそ。

 

 

秋田に超巨大テーマパークができたから行ってみた!#1


不安と期待

それはさかのぼること2年前。2015年の秋ごろ。

いつものように出社した私は、スマホの中にブックマークしてある魁新報【電子版】を開く。

眠気を覚ます字面が私の目にとびこんできた。

 

秋田県内に超巨大テーマパーク構想2017秋完成予定

目を疑った。

「秋田にテーマパーク?いや絶対人こないじゃん!?大丈夫なの?」と勝手ながらに心配する私…一方で「マジかよ!!秋田ラウンドワンを彷彿とさせる感動をはるかに越す感動!」という私。まるでツンとデレをうまく使いこなす少女の如く、2つの性格でそのニュースを捉えていた。

それでも完成したらば、秋田への観光客が増えることだろうし、デートスポットが地元のイオン一択の秋田県民にとって、これほど嬉しいニュースはないだろう。

 

払拭

超巨大テーマ―パーク完成予定の2017年・秋までは、様々なニュースが飛び交った。

「テーマパーク予算不足で規模縮小」

「一時工事中断。作業遅れて2020年完成か?」

「本当にテーマパークは必要?」

 

しかしながら、意外にもテーマパーク構想に期待する人は多く、次のような出来事がトントン拍子で起こった。

  • 秋田県活性化事業として補助金が認めらる
  • 県内外から建設会社が無償で人材派遣
  • 秋田テーマパーク構想に5億円のクラウドファンディング成功

県民からの不安の声が多くある中、完成予定の2017年・秋に間に合う運びとなっていた。

完成間近のCMやらラジオやらの宣伝は、「28個食べました!」の刷り込み効果よりも遥かに上回るものだった。県民の不安も一気に払拭される出来事となった。

 

秋田超巨大テーマパーク
「アンヴェ」完成!

秋田拠点センター「アルヴェ」大森山動物園「ミルヴェ」に続くように、秋田の超巨大テーマパークは「アンヴェ」と命名された。

 

ちなみに「アンヴェ」という名前には、

「あんべいいな(調子いいな)」

「あんべ!(来て)」

という2つの秋田の方言が掛かっている。

この「アンヴェ」は、新・秋田県の観光スポットとして【5ヵ国言対応インバウンド向けテーマパーク】とも謳われており、日本のみならず、海外からの観光客も秋田に誘致する狙いがあるのだ!しかも5ヵ国言を話せる秋田美人がテーマパーク内をナビゲートしてくれるとか…!こりゃスゴイぜっ!!

勿論、日本人向けのアトラクションや秋田ならでは魅力がたくさん詰まったテーマパークとなっており、当初の予定より多くの観光客が来そうな雰囲気が「アンヴェ」にはあった。

 

そして完成の2017年・秋。

私はアンヴェの実態を調査すべく、朝5時から支度をし、大名行列と言わんばかりの入場列にそそくさと参加するのであった。

(続く)

 

※『秋田に超巨大テーマパークができたから行ってみた!#1』は妄想です。登場する人物・団体・名称等は架空(一部存在)であり、実在のものとは関係ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。